スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ2016北陸の旅 PARTⅤ(5/7日目)

■5月3日(火) 金沢市:晴れ時々曇り(5/7日目)

●倶利伽羅峠
今日は源平合戦の古戦場で有名な「倶利伽羅峠」を通り、富山県魚津市までのツーリングです。

天気が変わりやすい「峠越え」の為、少しでも 距離を稼ごうと 早めに宿を出発!
お天気にも恵まれて、順調に国道359号線で金沢市内を抜け、北陸新幹線の高架の下をIRいしかわ鉄道線と並行する県道215号線【北陸道】で潜ると、「峠道」が始まる。

CIMG7293_convert_20160716173714.jpg
「峠道」なので「箱根の峠」や「鈴鹿峠」更には昨年夏に走破した「知床峠」の様な曲りくねった急坂が「これでもか!」と現れるのを想像していましたが、『( `_´)乂(`_´ )源平合戦』の※【倶利伽羅峠の古戦場】となった本来の場所とは違う為、緩やかな坂道が続くだけでした。

CIMG7292_convert_20160716173810.jpg
無事に道の駅【倶利伽羅 源平の郷】へ到着。

CIMG7289_convert_20160716173536.jpg

頭に松明を付けた牛が出迎えてくれました。
CIMG7290_convert_20160716173605.jpg
真夜中に、頭に松明を付けた沢山の火牛が峠を駆け下りて来たら…平家の公達(きんだち)達は(。Д゚; 三 ;゚Д゚)逃げ惑うだけですね!

CIMG7291_convert_20160716173630.jpg

※倶利伽羅峠の戦い( `_´)乂(`_´ )
治承4年(1180年)以仁王(もちひとおう)の平家追討を全国の源氏に伝えた令旨(りょうじ:命令文章)に応じた木曽義仲(きそよしなか:戦力5千~3万)が平維盛(たいらのこれもり:戦力4万~7万)を破った戦いです。
この攻撃で義仲軍は数百頭の牛の角に松明を付けて敵陣に放ちました。
3方向から攻められた熟睡中の平家軍は驚き(。Д゚; 三 ;゚Д゚)、唯一の逃げ口へ殺到した将兵の行先は倶利伽羅峠の断崖でしたぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
この戦いで平家軍は全滅し、平維盛は命からがら京へ逃げ帰りました(;_;)

この戦いで戦力のほとんどを失った平家は京の都を義仲へ明け渡し、安徳天皇を伴って西国へ落ち延びて幸ました



●倶利伽羅トンネル
(富山県側)
県道215号線と286号線が分岐する刈安の交差点を抜け更に山間部へと入って行くと、あいの風とやま鉄道線 倶利伽羅峠駅の標識が出てくる。
河内の集落を抜けた先で坂道を登り国道8号線のバイパスへとルートを変更する。

途中には【倶利伽羅峠古戦場】この先 ⇒ の標識は自転車では登るのがキツそうな山々を指してました。
地元では【古戦場】付近は心霊スポットで有名との事です。
ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪怖いものが好きな方は一度、夜間ドライブしたら如何でしょうか?
時々、出るとの事です…(`<≡
(ノ><)ノ出た~!ガォーだ!


CIMG7294_convert_20160717084933.jpg
倶利伽羅トンネルはご覧の様に道幅が狭く、【車歩分離】がなされていないクルマ優先の自転車や歩行者に優しくない、怖くて、長~いトンネルでした。

CIMG7295_convert_20160717085021.jpg
小矢部市の標識にも【火牛】が描かれていました。

CIMG7297_convert_20160717085655.jpg
更に国道8号線を下ると兜(かぶと)の形をした【源平トンネル】が現れました。
こちらのトンネルは【車歩分離】がなされている「人の優しい」トンネルでした。


●JR高岡駅
少し早いが昼食を取りに高岡駅前へと向かう。
CIMG7301_convert_20160717094104.jpg
駅舎はどこにでもある様なアルミとガラス造りとなっていました。
もっと地方色を出した方が私は好きですが…少し残念でした。

CIMG7298_convert_20160717093951.jpg
駅前には何故か?万葉集の編者で有名な「大伴家持」(おおとものやかもち)の像がありました。

CIMG7299_convert_20160717094024.jpg
彼は5年ほど越中の守(現在の富山県知事と同じ)だったそうでーす。

CIMG7302_convert_20160717094136.jpg
お昼は駅前でマグロ丼です。


●高岡古城公園
昼休みは越中富山前田家の「高岡城址」を見学しました。
前田家2代藩主前田利長の隠居城として造られましたが、大阪夏の陣の元和元年(1615年)に「一国一城令」により廃城となりました。
CIMG7304_convert_20160717095556.jpg
まあ!富山城が有るからしかたないですネ! 

CIMG7305_convert_20160717095619.jpg
隠居城の割には防御が良かったみたいですネ!

CIMG7306_convert_20160717095641.jpg
「日本100名城」です!

CIMG7307_convert_20160717095707.jpg
この橋を渡ると本丸に出ます。

CIMG7308_convert_20160717095818.jpg

CIMG7309_convert_20160717095840.jpg
お濠端の新緑が綺麗でした。

●前田 利長公像

CIMG7310_convert_20160717095908.jpg
前田家2代目のお殿様です。

お城の中にはいろいろ銅像がありました。
CIMG7312_convert_20160717103309.jpg

CIMG7313_convert_20160717103332.jpg

CIMG7314_convert_20160717103514.jpg

CIMG7315_convert_20160717103548.jpg


●民部の井戸
体育館の横に茅葺の屋根付きの井戸がありました。
CIMG7316_convert_20160717104608.jpg

CIMG7317_convert_20160717104653.jpg
当時から大切にされていた事がしのばれます。


●県道44号線で庄川を渡る
CIMG7318_convert_20160717112652.jpg
写真では分かりませんが、この橋の上は強風が吹き荒れてました。
なのに、橋脚の下ではバーベキューしている少年少女が?
「火が付かない~♪」なんて騒いでました( ‘o’)


●神通川
富山大学や県立富山球場の脇を富山市内へ、県道44号線と富山地方鉄道市電が通る橋の向こうには、立山や剣岳を含む北アルプスの山々が良く見えて来た。
CIMG7322_convert_20160717112809.jpg
まだあんなに雪が残っているんだ…。冬は吹雪くんだろうな(゚д゚)


●富山城

CIMG7324_convert_20160717112840.jpg
室町戦国期の天文12年(1543年)に、神保長職(じんぼながとも)が家臣の水越勝重(みずこしかつしげ)に命じて築城したとされています。

CIMG7325_convert_20160717112953.jpg
その後、「越後の虎」上杉謙信と一向一揆の争奪地となり、神保長職の子の長住が織田信長の後ろ盾を得て富山城に入城しました。

CIMG7329_convert_20160717113022.jpg
神保氏の後は、佐々成政が城主となり上杉氏と戦いましたが、天正13年(1585年)に豊臣秀吉の「佐々攻め」で攻められた後に破却されました。

CIMG7330_convert_20160717113118.jpg
江戸時代には富山前田家10万石の居城となり、明治維新まで続きました。

CIMG7332_convert_20160717113143.jpg

CIMG7333_convert_20160717113254.jpg
「浮城」の別名もあり、昔は神通川が城のすぐそばを流れていたんですね!


●常願寺川
日中はあまり気にはしていなかったが、雨雲が増えた空の下、北アルプスの山々からの吹きおろす冷たい風が少し肌寒くなって来た。
CIMG7338_convert_20160717170146.jpg

CIMG7341_convert_20160717170253.jpg
「金泉寺」の交差点で国道41号線から国道8号線(滑川富山バイパス)で、今夜の宿泊地である魚津市へと急ぐε=ε=┏( ・_・)┛


●JR魚津駅前
雨雲と競争だ!ε=ε=┏(>_<)┛
気合を入れて北陸道をダッシュ!したかいがいあってか?雨に捕まらず無事に駅前のビジネスホテルに到着。
CIMG7342_convert_20160717170314.jpg

明日は新潟県に入ります∠('-')

■今日の走行距離:92.38km
■■累計走行距離:351.84km








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢56歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢41歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断の旅。札幌~稚内を走破すれば「全国縦断達成」②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造り。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わない『白痴TV番組』等が多い。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。