スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ2014年北海道(網走~利尻島)の旅 PARTⅡ

■8月5日(火)豪雨のち曇り
小心者の電波おやじは昨夜来の大雨が心配で、5時ごろ眼が覚めてしまった。
本日のルートと重なる「暗いニュース」(>_<)を観ながら、早めの朝食を頂く。

「おはようございます」「東京は今日も良い天気です」…とのニュースキャスターのコメントが少し恨めしい(*`0´) ノ

同宿した宗谷バスの運転手さんより、ここから先の枝幸(えさし)のどこかで?「通行止め」の箇所があるかも知れない、との「前途多難」なコメントを聞いてしまった(-_-#)

まずは行ける所まで行こう!
と重装備(登山用GORE-TEX)レインハット&ウェアを着こみ【大雨警報】の中、「我、浜頓別(はまとんべつ)へ出撃せり」∠('-')

オホーツクライン(国道238号線)に乗り出すも、道路はタイヤが水面下に隠れる程の深さのコーヒー色した濁流となっており、路面が見えるのはセンターライン付近の少し高い中央部だけの状態となっていました。

もちろんサングラスは曇り、機能を果たさず。
かと言って、豪雨で痛くて目もまともに開けられず、また「バチバチ」と身体に当たる雨音で周囲(特に後方から)のクルマの接近音が聞こえ難い状態がしばらく続きました。

幸い、この豪雨の中を黄色いレインウェアを着て走っている「電波おやじ」を「変な奴」と思ったのか?反対車線にはみ出す様に大回りしてクルマは避けて行きました。

1412163749760_convert_20141001211519.jpg
途中の幌内橋で、川はどうなっているのかナ?と覗き込む。
土手から溢れそうな程の「凄い」流れ (◎o◎)

1412163839528_convert_20141001212037.jpg
このまま川に吸い込まれそうだ!
毎年TVで大雨の時に川や用水路の様子を見に行き、そのまま流されてしまうご老人がいますが…i~~人(-.-)

1412163894957_convert_20141001212151.jpg
暗く空の下、雷が鳴っている雨宿りする場所すらない、土砂降りの国道をただ一人、中間地点の枝幸町目指し、気合を入れてε=ε=┏(>_<)┛ひた走る。

●乙忠部漁港(おっちゅうべ)ぎょこう
1412165503885_convert_20141001212312.jpg
オホーツクライン(国道238号線)どれくらい走っただろうか?
誰もいない枝幸町立乙忠部(おっちゅうべ)小学校の校庭(こんな雨なら当然か?)の交差点を右折して、乙忠部(おっちゅうべ)漁港へと向かう。
やはり何もない…こんな天気じゃ~漁にもでないよな!と納得して来た道を戻る。

時折、すれ違うバイカーから「頑張れ!」のVエールを送られ、元気をもらう。
枝幸町に入るとようやく雨脚も弱まり、走行も楽になって来た。
もうじき中間地点の枝幸町の「道の駅」マリーンアイランド岡島だ!

●マリーンアイランド岡島
無事にマリーンアイランド岡島へ到着
ズブ濡れの電波おやじを抜いて来たのか?
バイクのオジサン達から「あの土砂降りの中」「良くここまで来ましたネ!」と挨拶をもらいました。

「そりゃーそうだ!」午前中は「車軸を流す」の例え(たとえ)がピッタリな土砂降り…エライ目に合いました。

1412166714828_convert_20141001213628.jpg
ズブ濡れのレインウェアーを乾かす間に、雨上がりのオホーツク海を眺めながら、
ここの特産品である「ほたて」を食材にした「ほたてカレー」を食べる。

1412166775217_convert_20141001213823.jpg
さすが自慢するだけの事はあり、美味いデスネ!

●オホーツクライン(国道238号線)
1412166844153_convert_20141001214345.jpg
昼食後、オホーツクライン(国道238号線)で再び、北上を開始する∠('-')
道路の先には何もない…おまけに山には雨雲がかかって来た。
また、土砂降りか?気持ちが落ち込みそうになるが、先はまだある。

●ウスタイベ千畳敷
雨上がりで空気も澄みきったのか?国道沿いの木立や遠方の山々の緑が美しい。
ボ~と風景を観ながら走っていると、右側に「千畳敷」の看板を発見!
直ちに寄り道する∠('-')

CIMG4589_convert_20141001215816.jpg
坂道を下ると急に視界が広がり、キャンピングカーが屯(たむろ)している牛の様に多数駐車していました。
ここはキャンピングカーで来るのに数日過ごすのには必要な設備がある、立派なオートキャンプ場となっていました。

CIMG4590_convert_20141001220019.jpg
海岸から沖を見ると、波間にはウミネコ?カモメ?どっちでもいいですが…オホーツクの短い夏の太陽で日向ぼっこしていました。人(-.-)静かで平和デスネ!

CIMG4594_convert_20141001220426.jpg
海岸線からオホーツク海を眺めながらをトロトロと走っていると、お目当ての「千畳敷」の看板が見えて来ました。

CIMG4597_convert_20141001220653.jpg
奇岩に波しぶきがかかる景色は「一見の価値あり」です。

CIMG4598_convert_20141001221317.jpg
その先にはオホーツク海へ突き出た斜内山の先端の神威岬(カムイミサキ)の雄大で迫力ある姿が遠望できました。

あそこまで行くぞ!と再びオホーツクラインへ戻りもっと近くで見るぞ!

●神威岬(カムイミサキ)
CIMG4601_convert_20141001221932.jpg

CIMG4604_convert_20141001222121.jpg

CIMG4605_convert_20141001222325.jpg

●北オホーツクトンネル
CIMG4607_convert_20141001222530.jpg
斜内山をぶち抜く様に空いている北オホーツクトンネルを抜けると浜頓別町へと入ります。
今にも崩れ落ちそうな街道沿いの廃屋が物悲しい…。

CIMG4608_convert_20141001222905.jpg
一息入れているとオホーツク海を圧する様な白い「海霧」が何もかも覆い尽くす様に前方より押し寄せて来た。
太陽が出ているのに霧?なんて不思議な天気なんだろうか?

●浜頓別クチャロ湖
CIMG4613_convert_20141001223209.jpg
幻想的な霧の中を走り、寂しい浜頓別町を通りクチャロ湖へ到着。
湖岸は大雨の影響か?流木で覆われていました。

CIMG4615_convert_20141001223414.jpg
夕日に映えるクッチャロ湖を期待していましたが…残念ながら無理でした(ρ_;)

宿に向かう途中の北オホーツクサイクリングロード(浜頓別から猿払までの旧JR天北線21.3㎞のサイクリングロード)の入り口には注意「クマ出没」の標識があり、その脇を「この先に本当に宿はあるのか?」とつぶやきながら電波号をパンクさせない様に、砂利道を200m程のコロコロ転がしながら進む。

CIMG4611_convert_20141001223610.jpg
本当にクマが出て来そうなだな…(ノ><)ノ出た~!クマだ!ガォーだ!
鬱蒼とした木立の中に、可愛い今夜のお宿「トシカの宿」はありました。

社長(宿主)に促され、宿裏にある草むらの中の自転車置き場(小屋と言うべきか?)へ駐輪するも、乱舞する蚊の大群の襲われ、腕や足を数か所喰われてしまいました(@_@)

一風呂浴びた後はビールとボリュームある「ジンギスカン食べ放題」の楽しい夕食!
1412170690713_convert_20141001224353.jpg
北海道を自転車で一周している大学生(大阪と広島出身)や、大阪からフェリーで小樽、そしてここまでバイクでツーリングして来たご夫婦等、いろいろな経歴の方との語らいもあり、ますます酒が進みました□ヽ(*`0´)ノ彡

■本日の走行距離:89.64km
■■累計走行距離:262.05km


■8月6日(水)曇りのち晴れ
CIMG4616_convert_20141001224544.jpg
朝食後「お互いに無事に旅が続けられます様に」と、トシカの宿のご夫婦とワンチャンと共に全員で記念写真を /■\_・)パチリ!

●浜頓別町郊外にて
CIMG4617_convert_20141001225315.jpg
オホーツクライン(国道238号線)で60㎞先の日本最北端「宗谷岬」へε=GOε=GO

●猿払川
CIMG4618_convert_20141001225626.jpg
猿払村のポロ沼に掛かる新富士見橋へ到着するも、周りには何にもない。

道の駅 さるふつ公園までのオホーツク海沿岸には、コンビニ1つ本当に何~にもない寂しい街道でした。
どうにか稚内市郊外へ到着。
CIMG4621_convert_20141001225933.jpg

CIMG4625_convert_20141001230325.jpg
牛がのんびりと草を食んでいました。

宗谷岬まであと少しと思っていたが、前方にやたらと急な坂道が現れる。
これくらいの坂は一気に登るぞ!と気合を入れて登る。
( ̄○ ̄;)ハーハーヒ~ヒ~言いながらどうにか登り切る。

CIMG4626_convert_20141001230720.jpg
さらに先は…「マジですか!」と言うような、登り坂の連続…。
もう、登り坂の修行はもう十分です(-_-#)

振り返ると登って来た風景が美しい!

●宗谷岬
CIMG4630_convert_20141002233516.jpg

CIMG4633_convert_20141002232416.jpg

CIMG4634_convert_20141002232856.jpg

CIMG4636_convert_20141002233219.jpg

CIMG4627_convert_20141001231143.jpg
ついに日本最北端の地「宗谷岬」へ到着する\(^o^)/
昨年お盆さま後に来た時の気温は確か14℃しかなく、風雨も強く、駐輪している自転車や店先の看板が飛ばされていました。
今年は曇り空ではありますが、気温も21.9℃あり、過ごし易い気温です。

CIMG4629_convert_20141001231707.jpg
ここにキツネが来るのかい?

●間宮林蔵の像
CIMG4631_convert_20141001231933.jpg
一年ぶりのご無沙汰です。間宮さん。

CIMG4635_convert_20141002233843.jpg

●「宗谷岬」音楽碑
CIMG4640_convert_20141002234445.jpg

CIMG4638_convert_20141002234215.jpg

CIMG4637_convert_20141002234746.jpg

CIMG4639_convert_20141002235410.jpg

●手作り感のあるエリアマップ
CIMG4641_convert_20141002235608.jpg

CIMG4642_convert_20141003000253.jpg

宗谷岬を後にして、風向きも順風!
宗谷湾を右に見ながら、昨年も泊まった稚内市・稚内温泉「童夢」裏の民宿メイロードへと向かう。

●稚内空港
CIMG4643_convert_20141003001045.jpg
国道の左側に稚内空港が見えて来た。
飛行機有るかな?とカメラを向けると、一機の飛行機も無い。
管制塔が突き出ているただの広い原っぱの様でした。
地方の小さい空港はどこもこんなもんか?

●稚内空港前から宗谷岬方面を遠望する
CIMG4646_convert_20141003001414.jpg
空港前の国道238号線から曇り空で霞む宗谷岬方面を望む。

●稚内港
CIMG4650_convert_20141003002353.jpg
JR稚内駅前を通り過ぎ、稚内港へ、1年振りの到着です。
昨年は風が冷たく、そして強かった記憶しありませんが、今年は「カラット」した空気で走り易かったです。

●ノサップ岬
CIMG4652_convert_20141003002644.jpg
稚内市内での昼飯後、稚内港・野寒布(ノサップ)岬・青少年科学館へ廻る。

CIMG4651_convert_20141003004107.jpg
岬から「利尻島」がかすかに雲間から頭を出してました。

CIMG4654_convert_20141003003025.jpg
昨年同様、曇り空だネ!…イルカ君!

陽も西に傾いたので今夜のお宿(民宿メイロード)へ急ぐ。
やっと到着、オバちゃん、お久しぶりです、お世話になります∠('-')

まずは徒歩1分の稚内温泉「童夢」で旅埃を流した後は、ホタテの刺身を肴にビールでしょう∇ヽ(゜∀゜*)
1412264114967_convert_20141003004243.jpg

夕ご飯は明日上陸する「利尻島」の話を聞きながら、オバちゃんお手製の「ほたてカレー」頂きました。
美味しかったデス!
1412264163062_convert_20141003004517.jpg

TVでは「今夜、また雨が降りそうです」のNEWSが流れている。
雄武町から浜頓別町の行程の様な土砂降りにならなければ…すこし心配ダ(・_・;)
人(-_- )合掌・・・明日天気になりますように。

■本日の走行距離:105.65km
■■累計走行距離:367.7km
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

やっぱり電波おやじはいい写真を撮るね。
ほたてのカレー、なんだかかわいいな。

Re: タイトルなし

> やっぱり電波おやじはいい写真を撮るね。
> ほたてのカレー、なんだかかわいいな。

PARTⅢは利尻島一周の巻です。ほたてラーメンとウニが美味しかったです。
プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢56歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢41歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断の旅。札幌~稚内を走破すれば「全国縦断達成」②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造り。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わない『白痴TV番組』等が多い。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。