FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ 2012年北海道の旅 PARTⅡ

■9月15日(土)晴れ時々曇り(猛暑)
●洞爺湖08:15
洞爺湖子湖畔(朝)
洞爺湖の朝の表情を見に朝の湖畔通りへ。
昔「進め!電波少年」に登場した様な「スワン号」が休んでました。中之島も神秘的で美しく綺麗だ。
洞爺湖スワン号

●昭和新山08:36
昭和新山
湖畔沿いの県道20号を伊達・室蘭方面へ東進する。
ガソリンスタンドの先の坂道を「ふっと」見ると、昭和初期に急に畑が盛り上がり山になった事で有名な「昭和新山」を発見!
山腹からは現在でも小さい「噴煙」が立ち上ってました。

●北の湖記念館08:53
北の湖のぼり
「静かな湖畔の森の木陰から~♪」を通り抜け、坂道を登って行くと信号機の脇に「横綱 北の湖」の看板が出て来た。あのお相撲さん(横綱)はこの辺りの生まれだったんだ?と廻りを見渡すと畑の向こうに両国の国技館の様な建物と、たくさんの「北の湖」幟が見える。
北の湖記念館

●長流橋(長流川)から昭和新山を遠望する09:19。
長流橋(昭和新山遠望)


●道の駅「だて歴史の杜」
09:34
県道20号はやがて国道453号線となり、伊達市内で国道37号線と交差します。
この辺りから国道37号線は「胆振国道」と言われ、時々、平行して走る室蘭本線が見え隠れします。

びっくりドンキー
街道沿いに古風な城郭建築が見えて来る。何かの史跡か?と近づきよく見るとファミレス「びっく
りドンキー」でした。何で?こんな変な形で作っているんかな…?と思っていたら、同じ敷地の先に石垣と城門構えの「伊達(だて)道の駅がありました。
景観を合わせていたんですネ!
伊達の杜

伊達?仙台の伊達正宗と何か関係あるのかな?なんて思いつつ小休止。
伊達の道の駅

すご~く広い公園♪
伊達の道の駅(公園)

●黄金(こがね)駅10:27
黄金駅舎
御めでたい名前の駅で小休止.

黄金駅
ホームの向こうは噴火湾(太平洋)です!
風が強くなって来た!おまけに逆風だ!

●白鳥湾展望台:白鳥大橋遠望10:58
峠道の先に室蘭市内を遠望できる展望台を発見!登る。
坂道1
幟(のぼり)はご覧んのとおり「バタバタ」と音を鳴らし、破れんばかりな逆風(坂道登り坂でツラカッタ)を受けてはためいていました(/_<)
坂道2
結構、高い!風が強い。恐い!

白鳥大橋説明文

白鳥大橋の先には、室蘭の工場地帯の煙突が遠望出来ました。
室蘭郊外白鳥大橋遠望
遠くに霞むあの高い橋(白鳥大橋)は自転車では渡れません。高くて怖くて渡れません、当方「高所恐怖症」です。

●室蘭ラーメン
室蘭ラーメン
室蘭本線と並走する様にして市内へ入る。
腹減った。すぐにカロリーが取れるラーメンを食す。
デザートにアイスクリームが出るとの事でしたが、途中でお腹が痛くなりそうなので、頂きませんでした。

●イタンキ浜12:36
イタンキ浜
室蘭本線の高架を渡り、更に国道36号線も越え、イタンキ海水浴場通りを通りイタンキ浜へ到着する。
ここは、「鳴き砂」で有名な海岸です。
しかし当日は、いくら踏んでも「鳴かない」「泣かない」「啼かない」どうしてなんだ…?
さんざん夏場に踏まれて「鳴きすぎて」イタンキが■タンキになってしまったのかな?

ま~、いいか~。海は綺麗だし、天気も最高だ。
後は、逆風にならなければ最高のツーリング日和。

●国道36号線(通称:室蘭国道)14:21
単調な一本道が続く。やたらと町と町の間の距離が長~~~い。
腹がへると「ハンガーノック」、水分不足で「熱中症」に成ってしまうので、コンビニを発見するたび(大体15㎞前後)に、小休止し食糧と水分補給を行う。
国道36号線
クマ シャケ カニが踊る看板が出て来る。

今夜のお宿である苫小牧方面の空が異様に暗い。
雨が降っていんかな?少し心配…。

ふと右側を見ると「お馬さん」がナニゲニ佇んていました。15:28
お馬さん

道は相変わらず真直ぐ、ダンプやトレーラーがビュンビュン、スピードを出している。
それらに混じって、連休の為か乗用車も増えて来た。夕方が危ない!怖い!!
国道ダンプ
前方の路側帯が無い!側道(歩道?)を砂利道へ逃げる。
砂利道を10m程入った所で、「後輪がパンク」だ!「GG」タ゛!(怒り&冗談じゃないヨ!)
計算上ではお宿迄たった約13㎞程の距離なのに!
※GG:がっかり&ガックリの略。(嘘)

自転車を逆さにしてパンク修理開始したのもつかの間、クルマで通りかかった人が「大丈夫?」と声をかけて来た。
「近くで空気入れ借りョ!」なんて考えていたので、この辺りで空気
入れが有りそうなコンビニや自転車屋なんてありますか?と尋ねると?
苫小牧市内までの15~20㎞は「家も誰もいな~い、何~~~にも、無いよ!」と言われてしまう。

今回のツーリングで2回目の危機!!

「乗って行く?」と言われた、そばから苫小牧へ自転車ごとヒッチハイクさせて頂きました。

お声掛けをしてきた方は「天満さん」と言う、地元の漁師さんでした。

車中ではいろいろとお話をしましたが、「今年はシャケが不良で、この辺りではあまり見慣れない魚が獲れる」との事でした。地球温暖化の為か?漁はなかなか厳しいとの事でした。

また、パンク地点からクルマで結構走って、ヤット市街地が見えて来る始末。

とりあえず、宿から近い自転車屋さんの前まで乗せて頂き、更には、地元の幸が食べられるお店まで紹介して頂きました。

天満さん ご援助、有難うございました。このブログをご覧なっていましたら幸いです。

拾って頂き感謝しています。
「地獄に仏」とは天満さんのことです 人(-_- )合掌

●すしの「なかむら」19:06

天満さんに紹介して頂いた寿司屋さんへ入る。
地元の方が奨めるだけあって、刺身が美味しかった!
なかむら(刺身)

天満さん、僭越ではございますが昼間の御礼です!1本ボトルを入れさせて頂きました。
なかむら(ボトル)
有難うございました。

変なおじさん参上!
なかむら(変なおじさん)
(o ̄∇ ̄)o当日は地元のお祭りか?何か?で店内に「変なおじさん」がお面を付けて参上しました!

★苫小牧☆本日の走行距離: 93.47km
            累積距離: 296.83km



■9月16日(日) 曇り時々晴れ(暑い) 
●苫小牧 大日本製紙工場8:18
王子製紙 苫小牧工場煙突
苫小牧と言えば「漁業」と「紙のまち」で有名な町です。
小学校の社会科の教科書に書いてありました。
通称「王子の煙突」と言われる巨大な煙突は、今にも雨が降って来そうな雨雲に霞んで見えまシェ~ん!

●JR苫小牧駅前8:24
JR苫小牧駅
苫小牧(とまこまい)の由来はアイヌ語のトマコマナイ(to makoma nay)、「沼の奥にある川」の意味からきたとの事です。

JR苫小牧駅前アイスホッケー像
アイスホッケーやフィギァスケートが盛んな土地柄を反映して、駅前には子供の銅像がありました。
また、駒大苫小牧高校は東北以北で唯一の甲子園優勝校でも有名です。
フギャスケートフギァスケート女の子

●苫小牧市郊外 国道36号線8:54
このルートで札幌へ!何だか、今にも雨が降りそうな天気。これから向かう「北の空」はどう見ても雨が降ってそうだ。
苫小牧市郊外国道36号線

●道の駅 ウトナイ湖9:21
ウトナイ湖看板
曇り空の下、変化が無い一直線の道をひたすら北上。

ウトナイ湖白鳥
道の駅で小休止。近くまで「人なっこい」白鳥や鴨が寄って来る、自然豊かな湖畔です。

ウトナイ湖環境省看板
一応、環境管理士級2の資格を持つている電波おやじとしては、この自然豊かな環境を保全している皆さんに頭が下がります。

●千歳空港付近9:42
雨雲は通り過ぎた様だ、標識に札幌や千歳の文字が見えて来た!もうすぐだ!!
国道36号線 「雨」
路面のアチラコチラに水たまりがあり、走りずらく、スリップしてコケそう!
水しぶきを上げて札幌方面へと向かうクルマが怖い、歩道へ車線を変えても、こちらには木の枝や空き缶が転がっており、パンクに注意して避けながら走る方が余計に神経を使い疲れる。

●航空自衛隊 千歳基地10:23
白い恋人看板
前方に北海道のお土産で定番の「白い恋人」の看板の先に千歳基地が見えて来ました。
 
航空自衛隊千歳基地①
航空自衛隊の基地近いのに全然爆音がしない?今日は休みか?

航空自衛隊千歳基地②
ゲート近くから中をこそっと覗く(のぞく)とその昔、ウルトラマンやゴジラ映画に出て来た「エンピツ」の様な形のF104戦闘機が展示されていました。

雨上がりの為、蒸し暑くなって来た…小腹が減ったと思っていたら、前方に大きなカップヌードルの標識発見する!
カップヌードル看板
あの大きさなら何人前になるんだろう~?

●サッポロビール工場11:7
サッポロビール工場
信号待ちをしていると、反対側に「サッポロビール」の向上が見える。
ビールを入れるタンクか?何人分の何リットルのビールが入るんだろう?
早く札幌で風呂入ってビール飲みたい!

●国道36号線11:52
鹿飛び出し注意!
単調で、長~い坂に沿って黄色い「交通安全」の幟?が続く。
小休止して良く見ると「交通安全」ではなく「シカ飛び出し注意!」と書いてある。
こんなにクルマが多い所でも、夜間~深夜の時間にはシカが飛び出るんですね。

●札幌ドーム13:22
札幌ドーム
札幌市内に近ずくにいつれ住宅地の一角に緑豊かな大きい林が見えて来ました。。
バスが止まり大勢降りてくるので、今日は神社か?お寺?でお祭りでもやっているのかな?と思っていましたが。
日本ハムファイターズの札幌ドームへ向かう人達でした。
札幌及び北海道のファンの皆さんゴメンナサイ<m(_ _)m>

●豊平川13:56
豊平川
ここを渡れば今夜のお宿の「すすきの」まであと数キロ。
この川にもサケが遡上して来るのかな?下を見つつラストスパート!

無事に今夜のお宿(カプセルホテルで)へ到着\(^_^)/ばんざーい

☆宿泊:札幌すすきの★本日の走行距離:72.48km
★☆ツーリング合計走行距離: 369.31㎞



●狸小路16:09
狸小路アーケード

一風呂浴びて、札幌の街へ繰り出す。
秋風が火照った身体にちょうどイイ。

まずはビルの間から見えたTV塔を目指す。
途中、大きなアーケード街があったので通り抜けを図ると、そこは有名な「狸小路」でした。
「狸小路」の由来は昔この通りは遊郭へ通じており、ところの怪しい客引きや私婦たちが出没していた事を「狸」に例えたと言われています。
質屋の店先には狸ではなくクマの剥製が「ガォー」
狸小路 質屋 クマ

●北海道里程原標16:15
狸小路のアーケードを抜けると札幌TV等が見える。まずはそこまで歩こう!
道路原標①
簡単に言うと北海道の道路の起点との事です。ここから北海道の道路が始まったのデスネ!
道路原標②

●大友亀太郎像16:18
大友亀太郎像
創成川沿いに歩いていると「誰か?腰掛けてくつろいでいる」この人はあの有名な二宮尊徳さんの門下で、札幌の町の基礎を創った方との事です。はるばる海峡を渡って北海道の開拓に来たんですね!

●札幌TV塔16:20
札幌TV塔①
札幌の名所の一つ。大通り公園にある1957年(昭和32年)に完成した電波発信塔で、高さは147.2mです。

●大通り公園
大通り公園とTV塔
さっぽろ雪まつりで紹介される名所。色とりどりの花々が咲き、緑が豊かな広々とした公園内では各種のイベントが催されてました。
大通り公園のフェスティバル

●札幌時計台17:03
札幌時計台①
ビルの谷間に緑にに囲まれたポッカリとした空間の中から時計台が現れ来ました。
想像していたより小さい…。
1878年札幌農学校の演武場として建設された重要文化財です。
1881年鐘楼に時計を設置。1906年に札幌区により買取され、現在の場所に移設されたとの事です。

札幌時計台②
通りには数台のバスが並び、写真撮影スポット台でも観光客が列をなしてました。
それにしても、夕方なのによく人が集まるな…と感心してしまいました。

●すすきの歓楽街17:35
すすきの歓楽街
居酒屋での「サッポロビール」の飲み放題コースと地元の肴で「乾~杯」♪(〃^∇^)ノ□ミ∇ヽ(゜∀゜*)

肴


みそラーメン
締めはやっぱり「みそラーメン」
チャシューが大きくてドンブリから出るくらい大きく!麺が見えない!

明日は札幌観光!今から楽しみだ!…PARTⅢへ続く





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢58歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢43歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断(外周)の旅。②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造りとオークション販売。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わないUFO・宇宙人・UMA(未確認生物)や白痴TV番組等が好きです。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。