FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ琵琶湖~関ヶ原の旅 PARTⅠ

今年のお彼岸(シルバーウィーク)を利用して福岡博多から薩摩鹿児島まで自転車ツーリングを予定していました。
しかしBut! 急遽、関西大阪の出張スケジュール日程が繰り下げ変更となった為、延期となりました。(-_-#)
折角、箱根の峠を越え、上方まで行くならと思い、発作的に出張帰りに琵琶湖一周~関ヶ原までの旅をしてしまいました(^O^)

■9月17日(金):快晴
出張仕事も午前中に終わり、東海道本線で新大阪から大津まで…人生こんな日があっても良いだろと車窓の外を流れる風景を眺めつつ大津まで各駅停車の旅をしました。

■13:55 JR 大津駅JR大津駅
京都から20分程で到着。こんなに琵琶湖が近いとは思っていなかった。

■14:16 琵琶湖
この時間ではホテルへチェックインも出来ない。行く所もないので1km程先の琵琶湖へ向かう。
琵琶湖①
さすがにこの暑い陽射しの中、ダークスーツ姿で歩いている奴はいない。琵琶湖②
まして、琵琶湖を眺めている(水は綺麗かな?と覗き込んでいる)奴は…少し危ない人と思われたかも知れません。

■15:03 華階寺 俵 藤太(月見の石)華階寺琵琶湖から大津駅へ向かう途中にで道路に面して俵 藤太(矢根地蔵・月見の石)の石碑がありました。

藤原秀郷(俵籐太)と言えば、平安時代中期の939年(天慶2)承平・天慶の乱で平 将門を追討し、また三上山の大百足退治の伝説で知られる武将です。
近江富士と言われる三上山を七巻半する程の大百足を相手にの苦戦した時、藤太が勝軍地蔵の加護を念じ、退治できたという。そこで、藤太は地蔵への感謝の気持ちを込めて、百足を討ち取った大矢の根(鏃)を石に地蔵を刻んで安置したのが、矢の根地蔵と呼ばれる由縁との事です。

■16:25 義仲寺
チェックイン後、ホテルでママチャリを借りて2~3km程離れた木曽義仲の最期の地である義仲寺へ向かう。
義仲寺
ここは昨年の東海道五十三次の旅で立ち寄れなかった場所で、是非とも見学したいと思ってました。
義仲寺説明文

義仲の墓
平安時代末期の源平合戦で活躍した木曽義仲と愛妾の巴御前、巴塚
さらには『奥の細道』で有名な俳人、松尾芭蕉の墓もあり、芭蕉塚
今日も献花と線香の匂いが絶えてません。

■『古池や蛙飛び込む水の音』の句碑
古池や蛙飛込む

■17:00 大津事件跡
明治24年(1891年)帝政ロシアのニコライ皇太子に津田三蔵巡査がサーベルで切り付けた「大津事件」の現場です。ロシア皇太子遭難の地
何処にでもある、何気ない裏通りの片隅に『事件現場』はありました。皇太子遭難の地付近
大津事件説明文

■大津駅前の居酒屋にて
一風呂浴び晩飯喰いにコウロギが鳴く裏道を通り駅前へと向かう。
金曜日の夜にも関わらず駅前に人気が少ない。
とりあえず、昔ながらの養○の滝へ入る。
店内は雰囲気良く、料理も美味しく(特にサンマの塩焼き)、常連の三人組のお兄さん達と楽しいお酒を呑み、時間の経つのも忘れてしまいました。(^O^)/C□☆□D\(^_^ )
大津港養老の滝にて
お忙しいのにお付き合い頂き、有難うございました。また、何処かでお目にかかりたいですね。

これで、エネルギーをチャージ出来たので明日からの琵琶湖一周が楽しみだ!

■9月18日(土):快晴
時計周りで琵琶湖周回道路の西近江路~国道161号線へと出る。
湖からの風が爽やかな順風だ!走りも快調!快調!!

■08:50 大津浜フェリー乗場大津港
米国ミシシッピー川を走る外輪船の様なデザインの船が停泊しており、その先には琵琶湖大橋が遠望出来ました。
大津港外輪船

■08:58 三井寺(園城寺)
三井寺
京阪電機鉄道石山松本本線の踏み切りを渡り、なだらかな山道を登り三井寺へと向かう。
霊験あらたかな山門を記念撮影。

■09:08 琵琶湖疎水/大津絵橋琵琶湖疏水
琵琶湖から流れ出る京都の鴨川の源流となる琵琶湖疎水の流れを見ていると、琵琶湖の大きさが伺い知れる。山の向こう側は京都です。

■09:29 坂本城址
ここは本能寺の変(天正10年6月2日/1582年6月21日、現在の暦では1582年7月1日)京都・本能寺に宿泊していた主君織田信長を襲い、自刃させた、明智光秀の居城跡。湖に面した公園、駐車場と間違えそうな造りの為、注意していないと通り過ぎてしまう。坂本城址碑
朝日を浴びて輝いている湖面を眺める様に、(゚ー゚)可愛い明智光秀像が立っている。
明智光秀像
湖の反対側の近江富士の三上山が美しい。

■10:06 琵琶湖タワー(跡)
湖西路を出来る限り琵琶湖に沿って走るコースへ変更しているうちに、何故か秋の実りの先に遊園地の観覧車が見えて来ました。
琵琶湖タワー
近くへ行ってみると、全く動いていない。休みか?と思っていたが2001年に閉鎖廃業したとの事です。何かもったいない感じがします。さぞかし、観覧車から見る琵琶湖の夜景は綺麗だったのではと思います。

■10:13 勾当内侍(こうとうないし)の墓
琵琶湖大橋の袂の住宅地の一角に小さい森があり、立ち止まり覗いてみると勾当内侍(こうとうないし)の墓がありました。勾当内侍御廟道
内侍(ないし)の名前から武士の様ですが、実は宮中の女官です。勾当内侍(こうとうないし)は稲村ガ崎より北条氏が守る鎌倉へ攻め込み、鎌倉幕府の倒幕や後醍醐天皇の建武の親政に活躍した、南朝側の東国下野(現、栃木県)の武将新田義貞の奥様です。
勾当内侍(こうとうないし)の墓説明文
義貞が南北朝時代の動乱により、越前(福井県)で戦死した報告に接し、後を追うように琵琶湖に身を沈めた悲しいお話です。勾当内侍(こうとうないし)の墓

西近江路を国道161号線から湖に近い県道558号線へ、そしてまた国道161号線と合流する。JR湖西線近江舞子駅、北小松駅辺りから路は湖を見ながらのルートとなる。

■11:26 白髭神社
遠くからでも分かる程、厳島神社の同じ様に、湖(厳島神社は瀬戸内海)に朱色の鳥居が立っていました。
白髭神社鳥居

対岸はどの辺だろうか?白髭神社本殿

拝殿
白髭神社社殿

白髭神社:滋賀県高島市にあり、垂仁天皇25年(第11代、約2000年前)皇女倭姫命(やまとひめのみこと)が社殿を再建。白鳳2年(674年)天武天皇の勅旨により比良明神の号を与えられる。以後、修造営を繰り返し、本殿、若宮社、伊勢両宮、三社は、豊臣秀頼が片桐勝元を奉行として慶長8年(1603年)に造営され、現在に至っている。全国に祀られている白鬚(白髭・白髯)神社の総本宮で、近江最古の社としても知られています。


琵琶湖を眺めながらの旅の為、極力湖岸のルート(風車街道)を選択した。
しかし、この辺りは別荘と老人ホームが有るばかりで、昼時と言うのに何処のも食べ物屋が無い!
唯一有った道の駅 風車レストランも値段が高い割には量が少ない。ビスケットとスポードリンクで餓えをしのぐ(´q`)


■13:48 今津の松林 

昼食に入ったカレー&コーヒーの喫茶店のマスターに教えてもらった景色が素晴らしい名所の海津大崎へと回る。
途中、松林の陰からチラチラと琵琶湖の湖面と竹生島が見えて来たので小休止。
マスターが自慢するだけあって湖面と水の透明度に驚かされる!<(^ー^;)>
13:48湖周道路

■14:06 海津大崎海津大崎標識
天気は良いし!ここは琵琶湖北部の桜の名所で、琵琶湖の眺めも素晴らしい!!
手前の海津湊は、鉄道が引かれるまで西近江路の敦賀(福井県)と京阪地方間の交通の要衝として大変賑わったとの事で、今も町の所々に白壁の蔵や船宿の跡が残ってました。
海津大崎沿岸

県道557号線を大浦の交差点を左折し湖西線の永原駅の脇の坂道を登り国道303号線と合流する。途中のコンビニでママチャリで朝5時起きして、琵琶湖を1日で回ると言っていた地元の高校生達と行き合う。
驚いた事に女の子も混じっているではないか!
みんな元気がイイ、残りも安全運転でp(^ ^)q ガンバ!

■15:38 賤ヶ谷古戦場賤ケ岳古戦場案内
天正11年(1583年)、豊臣秀吉と柴田勝家が織田信長の跡目を争った古戦場です。
山の麓の駐車場から頂上を目指すロープウェー乗り場までの山道には、
賤ヶ谷七本槍でおなじみの加藤清正、福島正則等の武将の旗指物がハタメイテました。
北国街道図

賤ケ岳遠望■賤ヶ岳遠望

■まだ『龍馬伝』やってるのに
来年2011年のNHK大河ドラマの『江(ごう)』の前振り宣伝がありました。
NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国

■16:55 山岡孫吉の碑
追い風の影響もあり宿へチェックイン時間より1時間ほど早く到着してしまった。
電話を掛けても誰も出ない?買出しにでも行ったのかな…?

折角、近江の国へ来たのだから、宿の近くで何か面白そうな所はないか?と高月駅で観光案内図を貰う。駅から5km程の所に農機具で有名なヤンマーディーゼルの会館あるそうな!

高速道路の高架を潜ると、早くも赤トンボが舞う夕暮れ時の田園の先に、ゴシック風の高い塔建物が見えて来た。
ヤンマー会館山岡孫吉生誕の地

公民館(ヤンマー会館)広場(駐車場)では小学生くらいの子供が、日本の農漁村の発展に貢献した偉人の石碑の前で、チビッコサッカーに興じているのでした。
山岡孫吉顕彰

■走行距離:107.63km
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

縄文から昭和

回数が増えるて歴史の断面が点から面かに広がって来ましたね。これからも期待してます。

Re: 縄文から昭和

コメント有難うございます。電波おやじデス。 現在、九州(博多~鹿児島)の旅を製作中です。今しばらくお待ち下さい。
プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢58歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢43歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断(外周)の旅。②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造りとオークション販売。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わないUFO・宇宙人・UMA(未確認生物)や白痴TV番組等が好きです。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。