FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ2017北海道西部 PRATⅠ(1/4)

■7月29日(土) 羽田:曇り 留萌:晴れ

今回は北海道の日本海側に面した留萌から西海岸沿いに南下し、函館まで1週間程かけてツーリングします。
10時過ぎ羽田空港からADO19便で千歳空港へ、そこからJR北海道 千歳線で札幌へと向かいました。

●札幌駅
CIMG8424_convert_20170914161258.jpg

CIMG8428_convert_20170914165020.jpg

丁度、ビヤガーデンの季節でした。


●札幌駅バスターミナル

CIMG8430_convert_20170914162029.jpg
今回のツーリングの初日は移動日としており、札幌から留萌までは高速バスで向かう事としました。


●バス車窓からの風景
CIMG8431_convert_20170914162301.jpg

CIMG8438_convert_20170914162337.jpg

北海道の広大、自然豊かな風景が旅の疲れと心を癒してくれました。
この風景は4年程前にツーリングで目にした風景ですが、何も変わっていないところがいいですね!


●るもい呑涛まつり

CIMG8442_convert_20170914162947.jpg
3時間ほどバスに揺らて夕方17時少し前に留萌市内へ到着。

バスから降りると何処からともなく『いい匂い』がして来た。
何だか、以前来た時よりも街の雰囲気が華やかになっている。

CIMG8441_convert_20170914163022.jpg
ホテルの脇に大きな山車が置いてあり、山車を取り囲んでいた皆さんは、2017年7月28日(金)〜2017年7月29日(土)の『るもい呑涛まつり』の『やん衆あんどんパレード』に出る方々との事でした。

CIMG8444_convert_20170914163057.jpg
留萌市は人口2万人程の小さな行政区だが、どこからこんなにもお揃いの法被(はっぴ)を着た老若男女が湧いて来たか?と思うほどの人だかりと熱気でした。
CIMG8445_convert_20170914163210.jpg

CIMG8447_convert_20170914163302.jpg
地元に駐屯している陸上自衛隊 留萌第26普通科連隊の皆さんも参加していました。

自衛隊の山車の絵を見た時、何で?着物着た『河童』か? 地元の民話の主人公か?と思っていました。
よくよく見ると、何と!河童見たいのは…NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演 柴咲コウでした。

陸上自衛隊の皆さん、スミマセン(@_@)


●居酒屋 将軍にて
CIMG8449_convert_20170914165440.jpg
山車の脇をすり抜け、まずは以前、立ち寄った居酒屋 将軍で、サッポロビールを一杯

CIMG8451_convert_20170914164935.jpg
∇ヽ(゚∀゚*) 地元のお酒と肴で乾杯!

明日からのツーリング、頑張るぞ!

CIMG8462_convert_20170914170914.jpg
居酒屋の帰り、まだ祭りは続いていました。

CIMG8459_convert_20170914170853.jpg
夜になると…柴咲コウの目が不気味に白目くなっていて、怖かったです ( ̄○ ̄;)



■7月30日(日) 留萌:晴れ
朝飯前に、電波号を組み立て、ツーリングの準備完了∠('-')
留萌市内の中央を走る道道22号線を海岸線へと向かう。
まずは、留萌川河口を望む『黄金岬海浜公園』へ行こう!
今日は天気にも恵まれ、また、予想していた通りにツーリングコース上は概ね順風状態。


●黄金岬海浜公園
CIMG8467_convert_20170914171311.jpg
空と海がとても綺麗でした。
CIMG8468_convert_20170914171327.jpg

石碑の向こうに、これから向かう※暑寒別岳を主岳とする山々がある増毛町方面が見える。
CIMG8469_convert_20170914171346.jpg

今日はその向こう側にある石狩市までの100km越えのツーリングです。
※標高1492m、山名の由来はアイヌ語で「滝の上にある川」を意味する「ソー・カ・アン・ペツ」


●黒岩トンネルと※銀鱗の滝
CIMG8472_convert_20170914171756.jpg
国道231号線(オロロンライン)に乗って、一路、南下を開始。
トンネルを抜けると『水の音』が聞こえる。

CIMG8470_convert_20170914171816.jpg
出入り口のすぐ脇に銀鱗の滝が水しぶきを上げて流れていました。
北海道初日なのに暑いツーリングとなってしまったが、滝の清涼感とマイナスイオンでしばし、癒されました人(-о-)

※名前由来はこの滝の近くにニシン番屋が有った頃、漁を終えた漁師がこの滝で衣服を洗い、ニシンの鱗で銀色に光ったと言う伝説から名づけられたと事です。


●雄冬野営場(キャンプ場)

CIMG8474_convert_20170914175427.jpg

遠くで丸い輪っかのモニュメントが光っている。

CIMG8473_convert_20170914175614.jpg
留萌から40km程の増毛町雄冬野営場で小休止。


●白糸の滝・雄冬野岬
CIMG8479_convert_20170914172707.jpg
雄冬野営場から500m程進むと、白糸の滝が流れていました。
ここには多くの中年ライダー(ほとんどがハーレーダビットソン)が休憩していました。
『バイクはペダルを漕がなくていいな…。』


●寿し処 ふじ田(石狩市浜益区浜益)
オロロンラインから海岸線沿いの路地へ入る。

7月30日昼飯_convert_20170914173804
今年は不漁が続いていると言われているにも関わらず『いかちらし』定食をいただく。
そして、味噌汁には何と!ホタテが入っているではないか!
これで1,000円とは安い!


●はまます ピリカビーチ
国道451号線との交差点の手前に、はまます ピリカビーチの浜辺が見えて来た。
CIMG8481_convert_20170914174150.jpg
駐車場は満車 浜辺もいっぱい。

CIMG8482_convert_20170914174211.jpg
新十津川町から35km程でこんなにも綺麗な海岸に来れるなんて…いいな♪


●石狩市郊外
CIMG8485_convert_20170914174455.jpg
のどかですね~♪

CIMG8486_convert_20170914174520.jpg
この風景を見ていたら、細かい事を気にしなくなりそうです。



●石狩河口橋

この橋を渡るともうじき今夜の宿まであと数キロ…と予約していた民宿××××に到着。
CIMG8489_convert_20170914174741.jpg

しかし、何か?雰囲気が違う。まさか、ま坂、の定休日か?(」゜□゜)」
『冗談じゃないヨ!』と近くの石狩観光協会に飛び込み、今夜の宿(民宿てらお)を探してもらう。
協会の皆さんのお力添えいただいたおかげで、どうにか今夜の宿も無事に見つかり安堵

初日の締めくくりは、石狩天然温泉 番屋の湯で汗を流し、ビールで喉を潤す
∇ヽ(゚∀゚*)


■本日の走行距離:119km



■7月31日(月) 石狩:雨
⚫石狩市交差点

昨日からの雨は、草木が茂る国道337号線脇の歩道を走る頃には小降りなっていた。

CIMG8490_convert_20180724094317.jpg
レインコートに当たる雨音と、クルマやトラックの重たそうなタイヤとエンジン音だけが濡れた国道に響いている。
この交差点の先は「小樽市」
雨の日でも風向きが逆風でないことが助かる。


⚫小樽市境
国道337号線は北海道特有の道幅が広い「歩行者自転車共用歩道」が有るので、雨でも安全・安心して走れます。
CIMG8491_convert_20180724094617.jpg


⚫銭函駅前
国道5号線で小樽市内に入ると「銭函駅」の標識が見える。
宝くじでも当たりそうな駅名なので早速ハンドルを合わせる。
CIMG8493_convert_20180724094840.jpg

昭和レトロの雰囲気が溢れる寂れた駅前には、バスが一台停まるくらいの広さしかなく、雨の為なのか?人通りものまばらでした。

CIMG8494_convert_20180724094952.jpg
「銭函」と言うくらいなので、もう少し近代的かな…。と思ってましたが、昔は賑やかだったのかな~♪ 
駅舎もなかなか「いい味」出していました。



⚫田中酒造(亀甲蔵)小樽市内

長い下り坂を下りて市内へ入ると、急に雨脚が強くなって来た。
何処かで少し「雨宿り」と思っていたら…古風な造りの建物が見える。
CIMG8496_convert_20180724100101.jpg
あそこで少し休もう。


⚫石原裕次郎記念館
電波おやじ 2013年北海道の旅 PART Ⅲで札幌から高速バスで見学に訪れましたが、今年(2017年)8月31日で閉館するとの事でしたので、是非とも、もう一度見学したかった。
CAM01593_convert_20180724103048.jpg

館内には以前と同様に「西部警察」の撮影に使われた日産のスカイラインやフェアレディZ、スズキの刀や映画の撮影機材が展示されており、雨にも関わらず多くの来場者が懐かしむ様に、シャッターを押してました。
CAM01575_convert_20180724103202.jpg

CAM01576_convert_20180724103312.jpg

CAM01578_convert_20180724103429.jpg

CAM01581_convert_20180724105002.jpg

CAM01583_convert_20180724105740.jpg

CAM01585_convert_20180724105847.jpg

CAM01587_convert_20180724110001.jpg

CAM01588_convert_20180724110101.jpg

CAM01591_convert_20180724110212.jpg

大門軍団 万歳!!



⚫小樽運河
雨の小樽運河を渡り、国道5号線で余市方面へと向かう。
CIMG8498_convert_20180724110721.jpg


⚫小樽市郊外
JR小樽駅の脇を函館本線沿いの登坂を超えないと小樽から抜けだせない。これが結構長い。
CIMG8502_convert_20180724110904.jpg

レインウエアの下のは汗びしょビショです。
坂道を下ると「日本海」が見え始めて来た。

余市方面へはこの国道しかない為か、交通量が多くなって来た。注意して進もう‼️


⚫積丹半島遠望
あそこが余市か?
CAM01597_convert_20180724112103.jpg

CIMG8506_convert_20180724112554.jpg


⚫ニッカウヰスキー工場
どうにか本日の最終見学地であるマッサンのウヰスキー工場へと到着。
受付を済ませて見学開始!
CIMG8560_convert_20180724113906.jpg

古い造りの建物がそこかしこに建っている。
ここでマッサンとエミーがウヰスキーを造っていたんですね…。

●旧事務所
CIMG8508_convert_20180724114427.jpg

●リタハウス
CIMG8513_convert_20180724114553.jpg

●ニッカウヰスキーの樽
CIMG8514_convert_20180724114900.jpg

CIMG8516_convert_20180724122117.jpg

●1970年冬季札幌オリンピック ジャンプ葛西選手
CIMG8523_convert_20180724122213.jpg
葛西選手は当時、ニッカウヰスキーの社員との事ですw( ̄o ̄)w

●ニッカ会館(無料試飲会場)
CIMG8524_convert_20180724122306.jpg
自転車でなければ…ウヰスキーを飲めたのに( ノД`)


●ウヰスキー博物館
CIMG8527_convert_20180724123547.jpg

CIMG8530_convert_20180724123646.jpg

CIMG8531_convert_20180724123740.jpg

CIMG8533_convert_20180724123853.jpg

CIMG8539_convert_20180724124256.jpg


●リタの肖像
CIMG8547_convert_20180724124904.jpg

CIMG8550_convert_20180724125924.jpg

●渡英前のマッサン
CIMG8551_convert_20180724125016.jpg

●鴨居ウヰスキー
CIMG8553_convert_20180724130034.jpg
NHKの朝ドラで使われていた半被が展示されてました。

■本日の走行距離:70.1km
■■累計走行距離:189.1km
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢58歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢43歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断(外周)の旅。②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造りとオークション販売。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わないUFO・宇宙人・UMA(未確認生物)や白痴TV番組等が好きです。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。