スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016日本海(直江津~青森)の旅 PARTⅣ(7~8/9日目)

7月29日(金)晴れ

●JR能代駅

CIMG7838_convert_20170508233937.jpg
朝から良い天気\(^o^)/

今日はバスケットボールで有名な能代工業高校のある能代市から、青森県JR鯵ヶ沢駅前の民宿までの100kmが目標です∠('-')
電波おやじも高校生に負けずに頑張るぞε=ε=┏( ・_・)┛
CIMG7840_convert_20170508234922.jpg
青空の下、駅前にはクルマが2台停まっているだけ。
何だか妙に…懐かしい感じがしました。


●米代川
駅前から県道205号線を経由して、米代川を渡る。
CIMG7841_convert_20170509001430.jpg
県道205号線の架橋から日本海方面、国道101号線の架橋を望む。
川風が清々し~♪(^^♪


●国道101号線
CIMG7845_convert_20170509060343.jpg
気温30℃を「みちのく一人旅」
前方に「陽炎(かげろう)現象」が現れる。


●道の駅みねはま「おらほの館」
CIMG7846_convert_20170509060548.jpg
交通渋滞等、無縁な国道沿いの面白い名前の道の駅で、小休止。

CIMG7848_convert_20170509060718.jpg

CIMG7849_convert_20170509060752.jpg


●白神山地遠望
坂道を下った先に、山々が見えて来た。
CIMG7850_convert_20170509061024.jpg
あれが、有名な「白神山地」か!と美しい山々と緑の田園風景に思わず立ち止まる。
またもや、小休止。


●リゾート列車
リゾート列車_convert_20170509062140
時折、国道101号線(大間越街道)と並走する五能線には、周囲に溶け込む様な色彩のリゾート列車が走ってました。
今度来る時には、あれに乗り「旅」したいですね。


●八森岩館 秋田県立自然公園 ハタハタの里
CIMG7856_convert_20170509062757.jpg

CIMG7852_convert_20170509062449.jpg

CIMG7853_convert_20170509062529.jpg

ここは『秋田音頭』に歌詞~♪に出てくるハタハタ漁で有名な土地です。
CIMG7857_convert_20170509062832.jpg

CIMG7858_convert_20170509062912.jpg
見下ろす日本海の波も穏やかで、この先の旅路も安心・安全に走れそうな予感がします。


●湯沢の浦
1494415603936_convert_20170510202910.jpg

人影が無い浜辺を見ながら、昔は街道はどんな状態だったのだろう…?と小休止
CIMG7855_convert_20170509062704.jpg


●五能線脇の「サル出没」
日本海が「キラキラ」と輝いている~♪
CIMG7860_convert_20170510204021.jpg
線路と畑を隔てる柵も無い五能線を「電車は来ないかな~♪」と「ボ~と」眺めていたら、背後から誰かに見られている気配が…。

CIMG7859_convert_20170510204052.jpg
何と!ネギ?くわえた「おサル」の看板だった。
もしかしたら、何処かでこちらを見ているのかも?


●あきた白神駅前
海沿いのルートはいつしか山間部へと変わる。
CIMG7861_convert_20170510204248.jpg

どれくらい「山道」を走っただろうか?太陽に照された北翆(みどり)が美しい白神山地の麓山に出て来た。


●高い恐い「橋」
CIMG7865_convert_20170510204341.jpg
白神山地からのせせらぎを集めて流れる渓谷を渡る。

自転車から見る「視点」は高く、怖くて…足がすくむ(*_*)
CIMG7866_convert_20170510204412.jpg
「高所恐怖症」の為、ビクビクしながら写真を撮る。

CIMG7863_convert_20170510204315.jpg
シャッターを押すにしても、大きなトラックが通り過ぎる度、橋が揺れて、スゴク怖い(ρ_;)
自転車は左側通行だが、クルマが来ない事を確認して、恐る恐る国道101号線のセンターライン踏みながら逃げる様にを走るε=ε=┏(>_<)┛


●道の駅 はちもり 「お殿水」

CIMG7867_convert_20170510205623.jpg

CIMG7868_convert_20170510205707.jpg

津軽の殿様が「甘露」「甘露」と大変お気に入りになったとの事です。
CIMG7870_convert_20170510205741.jpg

CIMG7871_convert_20170510205836.jpg
弘前から江戸までの「参勤交代」は、さぞかし大変だったでしょう!
今では誰でも自由に持ち帰ることが可能との事です。

CIMG7869_convert_20170510205806.jpg
それにしても、暑いな!

●青森県秋田県 県境
CIMG7872_convert_20170510205905.jpg
坂道を登りきれば「青森県」ダε=ε=┏(>_<)┛


●ふかうら 危険「熊出没注意」
CIMG7874_convert_20170510210522.jpg
この辺りには (`<≡ガぅ~ が居ても不思議デナイですね。
出て来そうなので逃げますε=ε=┏(>_<)┛


●木蓮寺海岸
CIMG7878_convert_20170510210650.jpg

CIMG7875_convert_20170510210604.jpg
美し日本海を眺めているだけで「癒されます」

CIMG7880_convert_20170510210950.jpg

CIMG7881_convert_20170510211139.jpg


●再び、五能線
CIMG7883_convert_20170510211218.jpg

CIMG7884_convert_20170510211252.jpg
日本海を眺めながら走っていると、どこからか爆音が聞こえてくるが、爆音の原因が見当たらない?

CIMG7885_convert_20170510211417.jpg
何と!軽トラックの裏から小型ヘリコプターが白煙を吐きながら離陸しました。


●十二湖駅前
CIMG7888_convert_20170510212305.jpg
気づかなければ、そのまま通り過ぎてしまいそうな「駅舎」前の定食屋で、ラーメンで昼食をとる。

CIMG7887_convert_20170510212458.jpg
外は「カンカン照り」

CIMG7889_convert_20170510212422.jpg
(ノ><)ノ出発するのが、キツい!辛い!暑い!の3拍子


●深浦町沢辺
CIMG7891_convert_20170510212535.jpg
木陰がほとんどのない「街道」を真昼に自転車で走っていたら間違いなく「熱中症」になるだろう!
休み休み走るしかない!
CIMG7894_convert_20170510212705.jpg
「西浜街道」の石碑越しの白神山地が大変美しい!

CIMG7895_convert_20170510212846.jpg


●深浦町役場
CIMG7898_convert_20170510213029.jpg
八森山の麓にある役場へ到着した頃には風も思いっきり「順風満帆」状態\(^o^)/
ただ、少し風 ツヨスギ! 


●深浦港
CIMG7897_convert_20170510213114.jpg


●日本海沿岸
沖の岩礁では海鳥(カモメとウミネコの区別がわかりません)が、翼を休めていました。
CIMG7902_convert_20170510214556.jpg


●追良瀬川 鮎見橋
CIMG7907_convert_20170510214855.jpg

CIMG7904_convert_20170510214823.jpg
気持ち良さそうに漁師の方が、鮎釣りしてました。



●千畳敷
1494422311061_convert_20170510225632.jpg

1494422472570_convert_20170510225555.jpg
奇岩が所せましと敷き詰められている千畳敷で小休止。

1494422390115_convert_20170510225700.jpg

1494423073442_convert_20170510225736.jpg
迫力とその広さに圧倒されました。



●安東水軍

ルート脇に地元の造り酒屋の「安東水軍」の赤い幟がはためいていました。
1494423204057_convert_20170510230715.jpg

軽く一杯飲みたいです。


●津軽藩鰺ヶ沢町奉行所跡と城の下の井戸
1494423315192_convert_20170510230829.jpg

1494423431336_convert_20170510230756.jpg
鰺ヶ沢警察署の前にありました。


●JR 鰺ヶ沢駅前
CIMG7909_convert_20170510234149.jpg
駅前の民宿へ到着。
ハチ公が待ってました!

CIMG7911_convert_20170510234507.jpg
2階の部屋からは駅が良く見えました。

駅舎からの放送で…五能線にトラブル発生? 
CIMG7908_convert_20170510214925.jpg
しばらく列車が上下線とも止まってました。


●晩飯
CIMG7913_convert_20170510220118.jpg
美味い! ただ一言でした。


■本日の走行距離:107.74km
■■累積走行距離:642.95km



■7月30日(土)晴れ

●民宿の朝飯

CIMG7916_convert_20170510235445_20170510235713906.jpg
しっかり食べて、今日も頑張りましょう!


●岩木山遠望
CIMG7917_convert_20170511205956.jpg
民宿の2階から名峰 岩木山が良く見えました。


●ツバメ
CIMG7920_convert_20170511210510.jpg
※鍵をかけていない民宿の車庫では、親ツバメがセッセと雛に餌を運んでいました。
※民宿の真ん前に交番があり、悪い事する人がおりません。


●7時半頃の鰺ヶ沢駅前
CIMG7918_convert_20170511210236.jpg
人影が少ない…。



●県道12号線
民宿から再び国道101号線(大間越街道)に出て、竜飛岬を目指す。
CIMG7922_convert_20170511210837.jpg
途中、左折し一面田んぼの県道12号線へルート変更する。

CIMG7923_convert_20170511210913.jpg
気温も31℃、木陰を探す様に走る。
人がいない、時たまクルマが通り過ぎるだけ…。

オラ~♪こんな村嫌だ~♪ オラ~♪こんな村嫌だ~♪のフレーズが頭をよぎる。



●史跡 亀ヶ岡石器時代遺跡
CIMG7927_convert_20170511211613.jpg
変化に乏しい田園風景の先に、「亀ヶ岡遺跡」の文字が見えて来た。

早速、見学!
中学や高校の社会科歴史の本で見たことのある土器のオブジェが「薄目」でこちらを見ている。
CIMG7926_convert_20170511211710.jpg

CIMG7929_convert_20170511211741.jpg

CIMG7932_convert_20170511211911.jpg
大昔から、この辺りは実り豊かな土地だったんですね。


●日本名勝 百選の松
CIMG7933_convert_20170511212012.jpg
牛潟大留池脇を進むと、ホームセンターや涼しそうな松林が見えて来ました。
あそこで少し休もう。

CIMG7935_convert_20170511212047.jpg




●十三湖
CIMG7939_convert_20170511212505.jpg
岩木川が流れ込む十三湖に到着。

CIMG7940_convert_20170511212744.jpg
この湖は汽水湖でシジミが有名です。

CIMG7946_convert_20170511212832.jpg
1340年に起こったとされる大津波で衰退するまで、博多や堺と並ぶ国際貿易港として繁栄していたとの事です。

CIMG7947_convert_20170511212908.jpg

CIMG7948_convert_20170511212953.jpg

それらを裏付ける様に、周辺には多くの史跡がありました。
CIMG7949_convert_20170511220225.jpg

CIMG7952_convert_20170511220342.jpg

CIMG7950_convert_20170511220302.jpg



●折腰内マリントピア(なかどまり)
国道339号線で日本海沿岸を北上する。
十三湖から中泊町にある道の駅 折腰内マリントピア辺りまでのルートは比較的キツい坂道は少ない楽なルートでした。

CIMG7957_convert_20170511220526.jpg

CIMG7958_convert_20170511220558.jpg

昼食後、マリントピア内の水槽の魚(名前は分からないが、刺身したら美味しそうな魚)や、おばちゃんが焼いているイカを眺めていたら、雲行きがなんだか?下り坂に…。
CIMG7960_convert_20170511220658.jpg

坂道を自転車で下るのはいいが…。
天気の下り坂は…問題だ!

まだ、先には
キツい坂道が続く津軽半島が待ち構えていた(」゜□゜)」


●津軽国定公園 七つ滝
CIMG7965_convert_20170511221807.jpg

CIMG7963_convert_20170511222017.jpg
マリントピアからさほど離れていない所に、津軽の山々から流れ落ちる大きくはないが、美しい「滝」が有りました。


●津軽半島遠望
CIMG7967_convert_20170511222052.jpg
七つ滝の先の海岸線からは、見るからに手強そうな津軽の山々(坂道)が人の往来を拒む様に聳えていました。


●津軽半島
CIMG7968_convert_20170511222139.jpg
坂道を登るかと言うより、最早、「登山」と言った方がいい程の急勾配を「漕ぎ」「押し」そして、また、登る事、2時間程の体力消耗戦の末、「てっぺん」まで到達。



●眺望台
麓からここまで、急勾配の登り坂で苦戦し「えらい目」に会いました。
苦しかった分、見渡す景色は最高です!
麓から霧が上がって来た! あまりゆっくりと休んではいられない。
CIMG7971_convert_20170511222447.jpg

CIMG7975_convert_20170511222528.jpg

途中の下り坂を「人生、下り坂最高!」と「つぶやき」ながら走っていると、前方には道幅いっぱいに「日本サル」の群れが行くてを阻む様に道路を占拠していました。

CIMG7976_convert_20170511222716.jpg
回りに誰も居ない(熊が出そうな山道)事を確認しながら思わず、ベルを鳴らし「犬猿の仲」の「犬」の鳴き声(ワン、ワンではなくガォ~♪ガォ~♪)の真似して山へ追い返しました。


<●青函トンネル慰霊碑
CIMG7979_convert_20170511225940.jpg
竜飛岬へ向かう途中に青函トンネル建設に殉じられた方々の「慰霊碑」か北海道を眺める小高い丘に静かに建っていました。
この方々の犠牲が有って「青函トンネル」か完成した事を忘れてはなりません人(-_- )合掌

CIMG7978_convert_20170511230015.jpg


●竜飛岬
1494510445987_convert_20170511230210.jpg
ついに到着しました本州の北の外れ、向こう側は北海道です。

CIMG7996_convert_20170511231131 - コピー

●紫陽花の花
CIMG7980_convert_20170511230301 - コピー


●「津軽海峡冬景色」の歌碑
石川さゆりの「津軽海峡冬景色」が♪流れる歌碑で、到着の記念写真を一枚か、パチリ!
CIMG7982_convert_20170511230106 - コピー


●津軽海峡竜飛岬燈台
CIMG7985_convert_20170511230433 - コピー

CIMG7984_convert_20170511230530 - コピー
歌碑の向こう側に白色の燈台が見えます。
あそこまで、行って来ます。

CIMG7988_convert_20170511230724 - コピー

CIMG7989_convert_20170511230819 - コピー

CIMG7995_convert_20170511231100 - コピー
急な坂、階段を登ること約10分程で燈台へ到着しました。

陸奥湾沿いに青森市方面を望む
CIMG7990_convert_20170511230926 - コピー

CIMG7987_convert_20170511230612 - コピー
岬の灯台からは北海道がうっすらと見えました~♪


●青函トンネル本州方基地龍飛 遠望
燈台から内陸へ目を移すと、数枚の小さな看板が並んでいるのが見えました。
CIMG7991_convert_20170511235201.jpg
この辺りから津軽海峡の下を堀始め「青函トンネル」を完成させたんですね。

今度、高倉健さんの「海峡」を観たくなりました。

●竜飛本マグロ

1494515315427_convert_20170512001253.jpg
この「海峡」にはこんなにも大きなマグロがいるそうです。


●国道339号線 階段国道
CIMG8000_convert_20170512000053.jpg

CIMG7999_convert_20170511231330 - コピー
津軽海峡を横目で見ながら海岸線へと下って行くと、「階段国道」の看板が現れる。

CIMG7998_convert_20170511231259 - コピー


●民宿二階からのいか釣りの漁火
CIMG8001_convert_20170512000439.jpg

CIMG8006_convert_20170512000519.jpg

陸奥湾の浜辺沿いの民宿からは「いか釣り」のいくつもの幻想的な「漁火」が見えました。


■本日の走行距離:81.03km
■■累積走行距離:723.98km


スポンサーサイト
プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢56歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢41歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断の旅。札幌~稚内を走破すれば「全国縦断達成」②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造り。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わない『白痴TV番組』等が多い。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。