スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ2014年北海道(網走~利尻島)の旅 PARTⅢ

■8月7日(木)曇りのち雨

●稚内 民宿メイロードにて
CIMG4655_convert_20141005225233.jpg
朝食後、名残は惜しいがメイロードのオバちゃんに挨拶し稚内港へと向かう(;∇;)/~~さいなら

今回のツーリングに「利尻島一周」を入れたのは、昨年のサロベツ原野(オロロン街道)から見たオホーツク海から直接そびえる独立(秀)峰の利尻島(利尻山)の「凛とした」姿が忘れられず、思わず行きたくなってしまった次第です。

曇り空の下、県道254号線でノシャプ公園~自衛隊稚内分屯基地を通り稚内フェリーターミナルへと向かう。
(ノд`@)アイター、途中でギャが外れてしまった。

●稚内フェリーターミナル
CIMG4658_convert_20141005225527.jpg

10:50発のフェリーへ電波号と共に乗り込む。
CIMG4662_convert_20141005230552.jpg

客室に入ると船底より「ダッタッタ、ダッタッタ、ダッタッタ」と響くディーゼルエンジン独特の音♪と振動が心地よく…横になるとウトウトと寝そうでした(-.-)zzZ”

●鴛泊港フェリーターミナル
眠りい入りかけた頃「利尻島に着くぞ!」と突然「ボ~」「ボ~」と汽笛が鳴り起こされました。
目をこすりながらデッキに上がると、眼前には雲がかかった利尻山の姿が見え、寝起きにも関わらずこれから始まる「利尻島一周」に気合のスイッチが入ってしまいました。

CIMG4664_convert_20141005230942.jpg
上陸後、まずは昼飯!利尻島名物の「ほたてラーメン」で腹ごしらえ!

雲行きが悪くなって来たので、いつでも「素早く」取り出せる様にレインウェアーを準備して全島周回ルート(約50~60㎞)の県道105号線・県道108号線で「利尻島一周」のツーリング開始∠('-')

●本泊漁港
いつ降って来てもおかしくない薄暗い空の下、突然金属音が…自家用機?
まるで林に突っ込む様に、林の向こう側にある利尻空港へと飛行してました。

カモメがツバサを休めている本泊漁港で小休止。
CIMG4666_convert_20141012131719.jpg

CIMG4668_convert_20141012133223.jpg
漁港の先端にある白い塗装が剥がれ落ちている灯台からは、礼文島?からのフェリーが見えました。

1413088531609_convert_20141012134047.jpg
曇り空の下には礼文島が見える。

CIMG4671_convert_20141012134328.jpg
最初から分かってはいましたが、ここまで何にもないとは…。
見渡す限りなのも無い県道をクロネコ宅急便が走るだけ…。

利尻山から黒い雲が下りて来たと思った途端!土砂降りに遭遇せり(ノ><)ノ
「ヒャ~」やられた…と県道沿いの民家の軒下へ駆け込む。

何故だか?本州(関東地方)の民家とは異なりずいぶんと庇(ひさし)の幅が狭い。
だいぶ濡れてしまった(>_<)

夜の様な雰囲気となり、寂しい県道を走るクルマのライトが妙に眩しい!
「周回ルート」も利尻町役場の先の交差点を左折すると県道108号線へと変わっていた。

●「人面岩」と「寝熊の岩」
仙法志地区に入ると、タン、タン、タァ~ン♪タン、タン、タァ~ン♪
火曜サスペンス劇場の殺人事件(突き落とし)のロケでも出来そうな断崖の海岸線が見えて来た。
∠(*`0´) ノ≡ 突き落とし (ノ><)ノぎャ~!

路肩にクルマが数台駐車している。
こんな所に何かあるのか?と波しぶきがかかる海岸線を覘く(のぞく)と「人面岩」と「寝熊の岩」がありました。

「人面岩」は鉢巻している人の横顔に見えることから名づけられました。
CIMG4672_convert_20141012135729.jpg

CIMG4673_convert_20141012135907.jpg

「寝熊の岩」は上から見ると熊が寝っ転がっている様に見えました。
CIMG4678_convert_20141012140556_201410121406444b7.jpg
背中にカモメが留まってました。

CIMG4675_convert_20141012140803.jpg

CIMG4677_convert_20141012141007.jpg

CIMG4676_convert_20141012141335.jpg

足場が悪いので、写真を撮るにも一苦労。
海から何か出てきて飲まれそうで怖いです (`<≡≡≡≡ガォー出現す!

●麗峰湧水
CIMG4682_convert_20141012142453.jpg
利尻山からの雨水や雪解け水が30年余りを掛けて湧き出ている恵みの水です。

CIMG4680_convert_20141012142657.jpg

CIMG4681_convert_20141012143024.jpg
「麗峰湧水」として名付けられ、清潔でおいしい冷水でした。


●オタトマリ沼

CIMG4683_convert_20141012143408.jpg
蝉が鳴く、坂道の途中で小休止。
木陰から利尻島最大の湖沼「オタトマリ沼」が見えました。
晴れていれば沼の奥に聳える利尻山が美しいとの事です。

鬼脇地区へ入るも、寂しい雰囲気の商店や民家が数軒立ち並ぶだけ県道沿いの先に、今夜のお宿は有るのか?と些か(いささか)心配になって来た。
ホテルまでラストスパートε=ε=┏(>_<)┛

どうにか町内外れにあるホテルへ到着し、ほっとする(*^_^*)
ホテルの窓から夕方の利尻山が眼前に見えた。
明日は晴れます様に、お願いします~人(-.-)
2階の部屋の窓からは、夕方の残光に映える美しい姿の利尻山が眼前に見えました。

明日が楽しみだ、お天気になりますように~人(-.-)合掌

●居酒屋にて
夜は久々に下駄を履いてホテルで紹介された近所の居酒屋まで徒歩10分。
お店を切り盛りしている少少、口は悪いが料理の腕は上手な店主より、店の驕りだと「バフンウニ」をご馳走して頂きました。
CIMG4686_convert_20141012143900.jpg
正直、今回生まれて初めて「ウニ」を食べました。
東京で一度見ている「ウニ」と色艶が違う。
美味いの一言です。

今年は昆布が大漁で、ウニが何処にいるのか見えづらい為、例年よりキロ当たりでだいぶ高値が付いているとの事でした。
確か!昨日のラーメン屋ではウニラーメンが2,500円程でした(◎o◎)
色々と面白いお話を聞かせて頂き、楽しいひと時を過ごさせて頂き、有難うございました。

CIMG4687_convert_20141012151256.jpg
最後に記念写真を一枚パチリ

CIMG4690_convert_20141012151643.jpg
ご馳走様でした。

■8月8日(金)曇り
CIMG4692_convert_20141012152328.jpg
朝食後、海を眺めながらのんびりと県道108号線を鴛泊フェリーターミナルへと向かう。

CIMG4694_convert_20141012154018.jpg

CIMG4696_convert_20141012154243.jpg

CIMG4700_convert_20141012155323.jpg

CIMG4702_convert_20141012155534.jpg
途中、利尻山が美しい所で小休止。

●野塚展望台
CIMG4727_convert_20141012164542.jpg

CIMG4729_convert_20141012165028.jpg

CIMG4704_convert_20141012160607.jpg
ここからは利尻山と独特な形状をしているペシ岬や鴛泊方面が一望できました。

CIMG4706_convert_20141012160754.jpg

CIMG4715_convert_20141012161417.jpg

CIMG4709_convert_20141012162149.jpg

CIMG4710_convert_20141012162556.jpg

CIMG4713_convert_20141012162800.jpg


CIMG4722_convert_20141012163117.jpg

時折、観光バスが休憩所のバスターミナル入らず路駐し、バスガイドが観光客に美しい景色を案内してました。
さすが北海道!、バスが路駐していても誰も気にしません!!

●利尻島 長寿の泉
麓では所々に小さな水産工場や小屋が立ち並び、店先にイスを並べてウニを剥き身にしてました。

CIMG4735_convert_20141012170016.jpg
旅館「雪国」さんの裏手に「長寿の泉」湧いている泉がありました。

CIMG4731_convert_20141012170554.jpg
美味しい湧水でした。

CIMG4733_convert_20141012171427.jpg

CIMG4734_convert_20141012171554.jpg
軽トラに乗った近所のオバサンがポリタンクを持って湧水を汲んでました。

●漁師さん
CIMG4736_convert_20141012172033.jpg
海上に小さな小舟を操って何か?獲っている漁師さんが見えました。

CIMG4740_convert_20141012172436.jpg
何を獲っているか?は分かりませんが?たぶん「ウニ」でしょう!
上手に舵を操作して獲ってるな!と感心しながら暫く海を眺めて小休止。

●鴛泊港フェリーターミナル
CIMG4744_convert_20141012173157.jpg
再び鴛泊港フェリーターミナルへ戻って来ました。

CIMG4745_convert_20141012173335.jpg
稚内港までのフェリーが出るまで数時間あったので、港をブラブラしてました。

CIMG4747_convert_20141012173545.jpg
ここからの利尻山も美しく~♪

暇なのでフェリーの写真を撮って時間をつぶして過ごしました。

CIMG4750_convert_20141012174049.jpg
定刻通りにフェリーが岸壁に接岸し、大量の観光客や車輛が船内から現れる。
入れ替わりに観光客や車輛が飲み込まれる…まるで大きなクジラのようです。

船内では電波おやじと同様に利尻島をツーリングした来たライダーと一緒になり、いろいろな利尻島ツーリングや旅の話に花が咲きました。
定年で時間が出来たので、日本一周の旅に出ている方や、利尻島が好きでほとんど毎年来ている方もいらして、皆さん本当に元気、げんきです。

デッキから利尻島を望む
(;∇;)/~~ さらば利尻富士! 又来るまでは! しばし別れの涙がにじむ~♪
ラバウル小唄のリズムで…。

CIMG4751_convert_20141012174921.jpg
空腹の為、寝転がってキャメルを食べていたら、悲しい事に親不知の詰め物が「ガリ」という音と共に取れてしまいました(;´д` )
キャラメルの中にクギでも入っていたんか?と思いました(?_?)

●稚内港
CIMG4759_convert_20141012180057.jpg

CIMG4761_convert_20141012175434.jpg
稚内港到着、ここからチャリンコライダーはそれぞれの道へと進みます∠('-')
皆さんの無事を祈って「はい!パチリ」

●居酒屋にて
今夜のお宿は南稚内駅前にある船員さん達が利用する目的で建てられた「稚内海員会館」に宿泊しました。
船員さん達が宿泊すると言うと「狭い」「汚い」様な先入観をお持ちの方もいらっしゃいますが、下手なビジネスホテルよりサービスが良くまた、館内もきれいでした。

到着後、電波号を梱包してクロネコヤマト便で一足先に東京へと送り、一風呂浴びてから夕飯を食べる所を探しにフラフラと南稚内駅付近を徘徊してました。
まずは1軒目は軽くビールと焼肉で乾杯(〃^∇^)ノ□

CIMG4763_convert_20141012180308.jpg
2件目は写真の通りの地元の魚を肴(さかな)にして乾杯です∇ヽ(゜∀゜*)

CIMG4765_convert_20141012180637.jpg

CIMG4775_convert_20141012180910.jpg

CIMG4778_convert_20141012181139.jpg

■8月9日(土)曇りのち晴れ
●北門神社
CIMG4780_convert_20141012181740.jpg
稚内と言えば、他しか昭和32年(国際地球観測年)に南極の昭和基地に1年間取り残されたにも関わらず奇跡的に生きていたカラフトケン犬の「タロ」「ジロ」達の像があると聞き及び、一度訪れたいと思ってました。

南稚内駅(稚内海員会館)脇から宗谷バスで稚内駅まで約10分、そこから南側に屏風の様にそびえる丘(小山と言った方が表現は適切)にある稚内公園まで軽く登山しました。

空気は乾いて過ごし易いが、陽射しは暑い。
稚内駅から市街地を抜け徒歩10~15分程で北門神社の鳥居が見えて来ました。

CIMG4781_convert_20141012181944.jpg
ここから登るぞ!

CIMG4782_convert_20141012182153.jpg
この神社は日本最北端の神社でもあり「北の守り」神です人(-_- )

夏だからいいかも知れませんが…冬の時期ならこの辺りの風景はどうなっているのだろう?と思いながら階段から市内をパチリ!

更に先に進むと途中には「蚊」が渦を巻いて飛んでいる中、対蚊用の防護服を着て伸び放題となっていた夏草刈り取っていた皆さんがいました。
有難うございます。暑い中、お疲れ様です。


CIMG4785_convert_20141021220652.jpg

CIMG4786_convert_20141021221701.jpg

CIMG4787_convert_20141021221834.jpg

CIMG4788_convert_20141021222100.jpg
公園に至る遊歩道には、俳句の歌碑が故郷に向いて立っていました。

●九人の乙女の碑
CIMG4789_convert_20141012183458.jpg

CIMG4790_convert_20141012183634.jpg

CIMG4795_convert_20141012184008.jpg

人(-_- )合掌・・・ここからそんなに離れていない樺太で、終戦直後に悲劇が有った事を忘れてはなりません。

■南極大陸
CIMG4798_convert_20141018082345.jpg

●南極観測樺太犬訓練記念碑
CIMG4800_convert_20141018083403.jpg

CIMG4802_convert_20141018083610.jpg

●樺太犬供養塔
CIMG4803_convert_20141018093917.jpg

CIMG4805_convert_20141018094108.jpg
昔、実家のネコに「タロ」と同じ名前を付けたら、カラフト犬みたいに雪の中を犬の「蘭丸」とじゃれ合って走り廻っていた事を思い出しました。
あいつら、今頃、天国で「タロやジロ」達と一緒に遊んでいるかな…人(-.-)

CIMG4819_convert_20141021223250.jpg

CIMG4806_convert_20141021223038.jpg
供養塔の先には、自衛隊のレドームや開基百年記念塔・北方記念館が林の中から頭を出してました。


●昭和天皇行幸啓記念碑
CIMG4794_convert_20141021215449.jpg

CIMG4793_convert_20141021215656.jpg

●樺太島民慰霊碑 氷雪の門

CIMG4797_convert_20141021214636.jpg

CIMG4796_convert_20141021215012.jpg

CIMG4810_convert_20141021223723.jpg

CIMG4814_convert_20141021223957.jpg

少し早めに稚内空港へ行こう!と空港までのバスが出る稚内駅まで戻り、昼飯です。

CIMG4832_convert_20141021224912.jpg

CIMG4828_convert_20141021225347.jpg
宗谷岬方面を見れば、大きな風車が夏風を受けて回っていました。

CIMG4830_convert_20141021224644.jpg
空港の屋上からかすかに利尻山も見える。

●テイクオフ待機中
CIMG4839_convert_20141021224334.jpg
暑い中、誘導及び整備の方が整列してお見送り頂き、誠に恐縮です!
今回のツーリングも無事故で過ごせました。
稚内 有難う\(^o^)/



●機内より

CIMG4842_convert_20141021225714.jpg
上昇する飛行機から外を見ると大沼の水面は、短い北国の夏の太陽をキラキラと反射させて輝いてました。

CIMG4850_convert_20141021225852.jpg
オホーツク海に浮かぶ円錐形の美しい利尻島が眼下に望めました。

航空路は概ね、札幌から稚内まで走破したルートであり、当たり前だが上空から地図通りの地形を見下ろしながら逆方向へ飛んでいたので「あの島はなんだっけ?」と想像しながら短い飛行機の旅を楽しみました。

CIMG4855_convert_20141021230837.jpg
天売島と焼尻島でした。

CIMG4857_convert_20141021231207.jpg
留萌市上空より

CIMG4860_convert_20141021231451.jpg
雲海を見ていたら…雲がビールの泡の様に思えて来た。
ビールを注文!

CIMG4864_convert_20141021231622.jpg
機内で注文したビールの中に故郷川越の小江戸(koedo)ビールが有ったのには少し驚きました。

■今回も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難うございました。
宜しければ「イイね」でも、くれてやって下さいませ。
 
お願いします<m(@_@)m>
 
スポンサーサイト
プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢56歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢41歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断の旅。札幌~稚内を走破すれば「全国縦断達成」②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造り。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わない『白痴TV番組』等が多い。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。