スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波おやじ九州(鹿児島)の旅2013年 PARTⅡ

■2月10日(日)快晴
枕崎駅前 灯台

●枕崎駅前7:19
枕崎駅発時刻表
午前中2本しかないJR指宿枕崎線

枕崎駅発指宿行き
7:38発~8:47指宿行きへ乗車。
これを乗り過ごすと1318まで電車が無い。

車内電波号
1両編成のディーゼル列車へ電波号と共に乗り込む。乗客はまばらだ。

枕崎駅標識
こんばんは~。森 進一デス 港~♪ 枕崎~♪ 「港町ブルース」

車窓から、時々畑や住宅地の向こう側に開聞岳が見える。
車両から開聞岳を望む

●JR山川駅9:19
JR山川駅
輪行バッグから電波号を取り出し組み立て、大隈半島へ渡るフェリー乗り場のある山川港へと向かう。
因みに、ここ山川駅は日本最南端の有人駅との事です。
そうこうしている内にまた列車が来た!

JRなのはな号
「快速 なのはな」号:さっき乗って来たのより黄色くて可愛い…。しかも4両編成!

●山川港フェリー乗り場9:37
山川港
駅前から国道269号線で山川港をぐるっと一周。
ゆっくり走っても10分も掛からずにフェリー乗り場へ到着。

フェリーが来るまで待ち合い所の2Fで昔の山川港の資料を見学する。
山川港待合室2F篤姫

山川港待合室2F①
戊辰戦争の江戸城開城時における篤姫から西郷さんへの嘆願書。

琉球からサツマイモを持ち帰り食料難を救った水夫の前田利右衛門。
山川港待合室2F前田利左衛門

そしてかつお漁で賑わっていた当時をしのぶ写真が多数あり興味はつきませんでした。
山川港待合室2F昔写真①

山川港待合室2F昔写真②

根占行きのフェリーが到着。
山川港フェリー到着

錦江湾、天気晴朗なれど、浪高し! 春霞の中に開聞岳を遠望す!
フェリーから開聞岳を遠望する


●根占フェリー乗り場
11:14
根占港
国道269号線(佐多街道)に出て錦江湾沿いに北上する。
目指すは薩摩鹿児島!桜島!いざ行け!!
と走り出したのもつかの間、腹も減り、またこの先の道筋にはGS(ガソリンスタンド)とコンビニの看板が見えるだけで、あとはJA(農協)やヤンマーとかイセキの店舗しかなかった。

根占港郊外
枯れ草の先には小さくなった開聞岳が…。
苦悩の末、近くの定食屋さんへ飛び込む…鹿児島特産黒豚定食!(うまい)と書いてあった。確かに美味しい!


●城ヶ崎展望所
12:25
城ケ崎海岸
食後の運動…錦江町役場を過ぎ、国道をタラタラ走っていると、ちょうど良い小休止場所を発見。
天気は良いし、腹も満ちて!幸せ!!

城ケ崎展望台より

前方の空が妙に灰色になっているのが気に掛かる。

●菅原神社13:28
菅原神社鳥居
城ヶ崎海岸から海岸線を小一時間ほど北上すると、浜辺に朱色の鳥居が突き立つ小島が現れて来ました。
何で?こんな所に神社が?と国道から浜辺へ降りると「菅原神社」との記載あり。
菅原神社脇の海岸線

云われとご利益は以下の通りです。
菅原神社のご利益

また、この辺りは映画のロケーションいいみたいで、「チェスト」と言うロケがあったみたいです。
チェスト

因みに「チェスト」という薩摩弁の意味は?
英語の胸部「chest」や示源流の掛け声からきたと言われてます。薩英戦争のおりに、「chest来い、chest!!」と胸部を敵に広げ、『スキを開けてやるから、かかってこい!だが、chestを狙ってお前が飛び込んできたときには、この剣がおまえの首を跳ねてやる!!』という意味で薩摩藩士が使用したことから、薩摩の居合の掛け声に定着したということです。

●桜島まで33km付近13:55
桜島まで33km付近
桜島方向の空が何だか?薄暗い…。噴火してんかな…?少し心配になってくる。

●垂水市役所付近14:47
心配が現実に…火山灰でそこら中「灰」だらけ。桜島に近づくにつれ「灰」で走りずらい。スリップしそうでスピードも出せない。
垂水市内 灰だらけau

●海潟海岸15:02
観光パンフレットの写真みたいに桜島がこっちに向けて噴煙を上げている。
海潟海岸
あそこを走るんか…(」゜□゜)」

●錦江湾のブリ筏15:26
錦江湾ぶり筏
夕陽に輝き、美しく穏やかな波間の向こうには、鹿児島市街地が遠望出来ました。

国道220号線と桜島
ルートの国道220線は国道224との突き当たり、更に「灰だらけ」の「熔岩道路」へ突入するのでありました。

●熔岩道路途中より15:41
溶岩道路途中
行き交うクルマに巻き上げられる「火山灰」に苦しめられながら、長~い坂道をひたすら登る。
坂の途中で小休止。そこからは大正時代の噴火で大隅半島とつながったゴツゴツした溶岩原に「へばりつく」様に生える樹木と麓の錦江湾が望めました。

●有村溶岩展望所15:46
有村溶岩展望所
灰でタイヤが埋まりそうな駐車場へ到着。
ベビーパウダーみたいな細かい灰が舞い上げながら桜島が良く見えるスポットへ、それにしても想像していた以上に灰だらけ…。と思う傍から灰が降っているのだろう?か?

展望台からの桜島は一段と迫力が有ってスバラシイ。
有村溶岩展望所から桜島①

有村溶岩展望所から桜島②

錦江湾に浮かぶ生け簀を見ていたら急に刺身を肴に焼酎が飲みたくなりました。
有村溶岩展望所から錦江湾

●砂防センター付近16:28
砂防ダムから桜島
桜島が噴火しないうちに鹿児島へ渡らなければと…熔岩道路を桜島港へ向かう。
途中の砂防ダムで小休止していると、栃木の年配のご夫婦連れが物珍しそうに、視線を投げ掛けてきた。
話を聞くと最近旦那さんがサイクリングを始めたそうで、熔岩道路を登って来たと言ったら(◎o◎)驚いていました。

●桜島港出港16:55
前方に渋滞発見!こんな所でも渋滞?と思いきや?
道路まで溢れるほどのフェリー待ちのトラック・観光バスや乗用車でした。それにしてもすごい数だな!
フェリーから桜島
船縁から観ると先程より噴煙を上げている桜島も夕陽を浴びてとても美しく!感動しました(^O^)

●鹿児島港へ到着17:17
鹿児島フェリーターミナルから桜島 (1)

桜島を観ながら海岸通りを今夜の宿へと向かう。
火照った身体に錦江湾からの海風が心地よい~♪

ホテルで文字通りの「旅埃」を洗い流し、薩摩鹿児島名物の芋焼酎を目指して出撃!

居酒屋「海賊船」で飲み放題!

この龜に入った芋焼酎は飲み放題!
海賊船甕焼酎

鉄砲伝来で有名な種子島産の焼酎も飲み放題!
海賊船種子島焼酎

何故か?ここにも「灰」が…。
海賊船ハイ (1)

気分良く呑んでいたら店の大将が物珍しそうに声を掛けて来ました。(標準語)
枕崎~開聞岳、大隈半島へ渡り櫻島の溶岩道路を通り錦江湾を廻って来たと言うと、この辺り(鹿児島)で「自転車で溶岩道路を走る人はいないネ」なんて言われてしまいました…(-_-#)

やはり、タイヤが埋まる程の火山灰の坂道を登るのは無謀だったんですね…(-_-#) 
今日で今回のツーリングは「おしまい」明日は前回見学出来なかった鹿児島市内を自転車でフラフラしますか?

■本日の走行距離:65.58km

■2月11日(月)快晴
●坂本龍馬とお龍の像9:29
竜馬とお龍の像

竜馬とお龍の説明書き
天文館のバス通りに出ると龍馬さんとお龍さんの像を発見!
寺田屋事件後に薩摩藩に誘われ霧島山登山等の「日本初の新婚旅行」を行なった事で有名です。

●鹿児島市役所9:38
鹿児島市役所
朝食後、路面電車沿いにを東郷平八郎旧日本海軍元帥が眠る多賀山公園・東福寺城跡へと向かう。市役所の反対側の広場から写真を撮ろう構えたところ、突入噴水が出てきたのには驚きました(*_*)
まさか、出てくるとは思っていませんでした。

●私学校後(学西南の役)9:47
私学校弾痕跡

私学校跡説明文
国道10号線で鶴丸城跡を通り過ぎると西郷さんの「私学校跡」が現れて来ます。
一昨年にも見学しましたが当日も高校生が「歴史の勉強」に訪れてました。100年以上過ぎ去った今日でも弾痕跡が生々しく、改めて平和な時代に生きていて良かったナとつくずく思いました。
私学校西郷さん文

●多賀山公園・東福寺城跡10:19
多賀山公園には、噴煙上げて朝日を浴びて美しく光る桜島を望む様に、日露戦争時の英雄「東郷元帥の像」や「日本海海戦」のモニュメントがありました。
同公園は、南北朝時代のに築城され、その後島津氏が居城とした東福寺城の城跡です。
山頂部は山城の割には思ったより広く、また公園としても良く整備されており、錦江湾や鹿児島市内を一望出来る良い立地でした。
現在も至る所に「イノシシ出没」の注意書きも有り、野趣豊かな公園(城跡)です。
「聖将之碑」
聖将之碑

東郷平八郎元帥の碑

東郷元帥の墓

日本海海戦の図

東郷元帥の像

東郷元帥の像説明書き

多賀公園から桜島を望む

東福寺城址石柱

東福寺城址説明書き

東福寺城址いのしし

●石橋記念公園11:03
公園を下ると「橋」がやたらとある公園が有りました。
石橋公園内
何処かで見た景色だな?と思いきや…火野正平さんが自転車で旅するNHKの「こころ旅」で紹介していた公園でした。
番組では「高麗橋」を紹介していましたが、他にもたくさん石橋が有り、肥後の石工で薩摩藩に招かれて日本を代表する石造アーチ橋を造った「岩永三五郎」の像も有りました。
●高麗橋
高麗橋

高麗橋説明書き

●岩永三五郎の像
岩永三五郎の像

岩永三五郎説明書き
それにしてもほとんど機械も無い時代に人力だけでこれだけの石橋を架けたとは…。

公園の中央には1877年(明治10年)の「西南戦争官軍戦没者慰霊塔」や、国道10号線沿いの遊歩道にある小高い石垣は、ここから●丸い弾を大砲で錦江湾に浮かぶ英国軍艦と打ち合った幕末の「薩英戦争砲台跡」です。

●西南戦争官軍戦没者慰霊塔西南戦争官軍慰霊塔 (1)
西南戦争官軍慰霊塔説明書き

●薩英戦争砲台跡
砲台跡
砲台跡説明書き
ここから●丸い弾、届きました…?西郷さん、東郷さん?

薩英戦争慰霊塔
この戦いで外国に教育され、学んだ薩摩藩は、その後尊王攘夷から討幕へ転じ、そして明治維新に突き進んで行ったんですね!

●祇園之洲公園(サビエル上陸記念碑)11:28
ザビエル像
遊歩道を抜け国道の下を潜ると海岸に出る。そこには何と!「サビエル」の文字が…。
防波堤沿いに進むと松林とヤシの木の先に小さな広場があり、両手を広げて宙を舞っている石像を発見!ザビエルさんに違いない!!
はるばる遠くスペインから何年もかけて船旅で異国の薩摩鹿児島へ上陸し、ここからキリスト教を布教し始めたんですね!
ザビエル上陸の碑
「神の教え」を伝える為と言え偉いですね!

広場の隅に童謡(小学校で習った)「我は海の子」の由来の碑も有りました。
「我は海の子」は1910年(明治43年)に『尋常小学読本唱歌』で発表された日本の童謡・唱歌。 文部省の懸賞募集に応募した鹿児島市出身の宮原晃一郎(1882-1945)の詩が採用されたとされています。
宮原さんは、故郷の「桜島」を懐かしく想いながら作詞したんでしょう…♪

●JR鹿児島駅と鹿児島駅前12:00
JR鹿児島駅
昼に近づき腹も減ったので途中、JR鹿児島駅を通り市内へ戻る。
この駅は日豊本線と路面電車が乗り入れている小さな駅ではあるが、近代的な「平成の味」の九州新幹線の鹿児島中央駅とは違い、どこか懐かしい「昭和の味」を出していました。
路面電車鹿児島駅内

●天文館にぎわい広場12:23
天文館広場
天文館通りの由来は、ヨーロッパ文明を進んで取り入れた島津重豪公が、1779年に天文観測や暦の作成などを行う施設「明時館(別名天文館)」を建てた場所にちなんだものです。
現在は更地(広場)となっており、今では「星も見えない程に」周りを鹿児島最大の繁華街が取り囲んでいました。

●かごっま屋台村13:05
屋台
路面電車道沿いに甲突川を渡り鹿児島中央駅方面へ向かう途中で「かごっま屋台村」の看板を発見!
尽かさず突入!し黒豚定食を食する。美味い!!
この一角は昔ながらの屋台形式で屋外でも地元の黒豚ラー麺等が食べられる為、店外まで順番待ちが出来るほど賑わっていました。

●調所広郷(ずしょ ひろさと)13:36
調所笑衛門の像
一般には調所笑左衛門、安永5年2月5日(1776年3月24日) - 嘉永元年12月19日(1849年1月13日))の像
「かごっま屋台村」での昼食後、幕末の薩摩藩の財政を立て直した調所笑左衛門の像を見学しに甲突川を海岸方面へと向かう。
途中の住宅地の中にある緑豊かな小さな公園の中に「ポッン」と遠慮げに笑左衛門の像はありました。

返済不可能と思われていた藩の財政を見事に再建し、借金返済の為、裏で琉球との抜け荷(密貿易)を幕府から詰問され、罪を一身にかぶって江戸薩摩藩邸で毒をあおって「汚名を着せられた」まま自害した悲劇の人物です。

また、午前中に見学した●石橋記念公園の石橋の架橋工事も調所の発案だったと、このブログを記載中に知りました。
笑左衛門さんがいなければ財政再建後の倒幕運動から明治維新もなかったのでは思われる程の、文字通り「命がけの財政再建」を行った「財政の英雄」と言われるべき人でした。

●龍馬さんとお龍さんの新婚旅行の碑13:44
竜馬とお龍新婚旅行んお像 (1)
更に海岸へと向かうと龍馬さんとお龍さんの新婚旅行の碑が、小さな公園の一角にありました。

●共月亭13:48
共月亭
子供が鬼ごっこしている中国風の建物があったので覘いてみる。
鹿児島市と中国の長沙市の姉妹都市盟約を記念して、長沙市にある愛晩亭を模して1985年2月に建てられた「あずまや」でした。

●鹿児島空港ターミナル大きい文字16:39
鹿児島空港ターミナル
中央駅前のバスターミナルへ戻り、愛車の電波号を輪行バッグに詰め込んで、空港行きのバスへ乗り込む。
今回のツーリングも無事終わり良かった!

次回のツーリングは、鹿児島から九州を東回りで福岡博多までを計画してます。
完了するれば「とりあえず」九州一週の完了です。

頑張るぞ!!

■本日の走行距離: 20:45km
■■合計走行距離:201.19km
スポンサーサイト
プロフィール

55GATs

Author:55GATs
年齢57歳 男性 血液型O型 身長176㎝ 体重67.4㎏ 体脂肪率21.4% BMI21.8 内臓脂肪レベル7 体年齢41歳 未婚
某通信会社勤務 
趣味:①ロードスポーツサイクルでの全国縦断の旅。札幌~稚内を走破すれば「全国縦断達成」②1/144の戦車や飛行機スケールモデル造り。③読書(特に歴史時代小説)④映画観賞(但し、ホラー等の怖い、気持ち悪いのはダメ)⑤TV視聴:頭を使わない『白痴TV番組』等が多い。
⑥お酒は何でもOK(お付き合い程度)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。